« ここで現実派になる | Main | 東京 3-2(延長) 福岡 中払2世と「さいあくまがや」にブーイングを (12月25日) »

December 22, 2010

いやはや買ってしまった Sad Cafe "Live In Concert"

 ライヴ
 このバンドについては5年以上前にここに書いたのだけれど、10年前にボーカルのポール・ヤングが死んで活動を休止。
 ただ、どういう訳か、ライヴが出るということで、ついつい買ってしまったのだが、まさか国内版だとは思ってなかった。市川哲史氏(参考:非公式)のライナーを読んでいたら、泣けてしまった。

 かなりのテクニックがありながら、プロデュースとの関係があってか、音楽性が定まらずに迷走。特に、若干ミックジャガーに似た好シンガーのポールヤングと、どんな曲でも「怒涛のロックギター」のアシュレイ・マルフォード(かなり好き)と、「なぜか艶っぽい」キーボードのヴィック・エマーソン(後に10ccでも活躍)の「ミスマッチ」について、彼が触れているのが、実に素晴らしい。そうなんだよなあ。いつも「最高」と思ったことはないんだけれど、かならず次に期待していたし、あの「3つ巴」がいつか日の目を見るのではないかと思っていたのだった。そうそう、ヴィックが参加した10ccの都市探検+7(紙ジャケット仕様) も傑作だと思っていたけれど、売れなかった。
 まあ、これまでに聴いたことのない人には勧めないけれど、かつて聴いたことがある人なら、このバンドのライヴは意外といけるということを言っておきたいです。

|

« ここで現実派になる | Main | 東京 3-2(延長) 福岡 中払2世と「さいあくまがや」にブーイングを (12月25日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/50370454

Listed below are links to weblogs that reference いやはや買ってしまった Sad Cafe "Live In Concert":

« ここで現実派になる | Main | 東京 3-2(延長) 福岡 中払2世と「さいあくまがや」にブーイングを (12月25日) »