« 稲森謙太郎「女子大生マイの特許ファイル」 | Main | いやはや買ってしまった Sad Cafe "Live In Concert" »

December 07, 2010

ここで現実派になる

 未だに降格の理由がよく分からないが、みんなの楽観のツケなのかもしれない。
 まあ、そんなことはいいとしよう。J2降格で一つだけ明らかなのは、観客が減ること。少なくとも、どうやってもアウェイ側が減る。平均3割減ではすまないかもしれない。それによって入場料収入が間違いなく大きく減るのだから、選手を残したかったら、スタッフも含め、全員3割ぐらいの報酬減が要りそうだ。痛みは皆で分けなければならないから、ソシオも3割負担すべきなのだろう。でも、降格なのだからチケットの単価を上げることは困難だ。景品一切無しというのも考えたが、一切というのは辛いだろう。

 という状況なのだから、天皇杯を取ってACLだとか、来期は全勝だとかいうよりも、選手をなるべく切らずに、かつ、赤字を最小限に留めて、ギリギリでもいいからJ1に復帰し、昇格後の補強に投資できる状況を作る。これが普通の経営者はもちろん、SOCIOも考えるべきことではないか?
 我々も楽しむのはいいのだが、壊してはいけないのである。

|

« 稲森謙太郎「女子大生マイの特許ファイル」 | Main | いやはや買ってしまった Sad Cafe "Live In Concert" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/50240731

Listed below are links to weblogs that reference ここで現実派になる:

« 稲森謙太郎「女子大生マイの特許ファイル」 | Main | いやはや買ってしまった Sad Cafe "Live In Concert" »