« 町田 3-0 長崎 もう10月なのだねえ(10月1日) | Main | 東京 2-0 北九州 まだまだ(10月11日) »

October 03, 2010

東京 3-0 湘南 開幕

 本当に重苦しい立ち上がりだった。点が取れずにピンチもある。これまでと違って、最終ラインとボランチの間のパス交換を減らし、とりあえず平山に当てるケースも増えた。と、何となくイライラしているときに、コーナーキックから今野がヘッドで前に落としたボールを大黒が決める。効いたのはその直後の2点目。リカルジーニョが中に出したボールを平山が落とし、石川が決める。

 後半になって足が止まるも、森重を松下に交代することによって、中盤の運動量が増し、徳永も疲れが取れたようだった。松下のイエローはもったいなかったが、チームの守備への貢献。でも徳永のは一歩目が遅れたのが原因。まだまだ一歩目が遅れるプレーが全体的に残っていると思う。その後、リカルジーニョが決めて試合を決めた。でも、権田のファインセーブがなかったら、どう転んだかと思わされる内容でもあった。
 石川は浮き玉のサイドチェンジの処理に課題がある。羽生の「試運転」も見たかったが、クマ監督は前田に期待しているのであろう。両サイドバックの守備が安定してきたのが改善点か。北斗はずいぶんよくなってきた。平山もこれを続ければいいのだと思う。
 とりあえず降格圏を脱出。ホームでの勝利は開幕戦以来だから、これが開幕みたいなものだ。でも、まだまだだ。次の天皇杯で羽生と米本を見たいところ。
 つくづく思うのはボランチとCBとの運動量の差。森重のスタミナが持たないのは、「CBがボランチをやっている」に他ならない。そう考えると、今野のボランチを見たいけれど、現時点で90分やれるのかは、そろそろ危ういのかもしれない。その一方で、徳永をCBに下げるのは比較的問題が少ないと思う。でも、全力疾走が多いサイドバックは、運動の質という点で苦しいかもしれない。ただ、梶山が戻ってきても、彼のCBはあり得ないです。当たり前か。クマ監督のやりくりも大変なのであろう。
 それにしても、国立の周囲のポリ公どもには腹が立つ。「人から車を守る」ような笛ばかり吹きやがって。2万ちょっとしか入ってないのにあのざまか。だいたい試合の後は、あのあたりは車両通行止めにしてもいいぐらいだし、あの時間帯にあのあたりに入ってくるようなマヌケな車どもは、渋滞で苦しめばいいだけなのである。少しは頭を使って交通整理しろといいたくなる今日この頃である。「国家による失業対策」も、いい加減にしないと、百害あって一利なしだ。頭数だけは無駄に揃っており、機会があれば、招待券を事業仕分け担当者に差し上げたくなるほどである。

|

« 町田 3-0 長崎 もう10月なのだねえ(10月1日) | Main | 東京 2-0 北九州 まだまだ(10月11日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/49640167

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-0 湘南 開幕:

« 町田 3-0 長崎 もう10月なのだねえ(10月1日) | Main | 東京 2-0 北九州 まだまだ(10月11日) »