« カラル遺跡 | Main | 経営に効く7つの知財力 »

September 27, 2010

ジョン・ボーナム没後30年

 ジョン・ボーナムは最高のドラマーで、レッド・ツェッペリンが解散したのも彼の死の影響が大きかった。9月25日で30年がたってしまった。私にとっては、マイケル・ジャクソンはおろか、ジョン・レノンよりも偉大なミュージシャンである。

 どんな曲でも力でねじ伏せるドラミングは、誰にもまねができない。「音楽は力だ」といえる。また機会があったら書こうとも思うが、ツェッペリンのイン・スルー・ジ・アウト・ドア(紙ジャケット) は、成功作とはいえないけれど、"Fool in the Rain"のサンバ風のドラムなんかを聞いていると、これからボンゾを軸に、「世界音楽の旅」に出るのだろうと期待できる内容だった。彼の「力のドラミング」があれば、上滑りなフュージョンみたいなことになることは無かっただろうし…

|

« カラル遺跡 | Main | 経営に効く7つの知財力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/49580916

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・ボーナム没後30年:

« カラル遺跡 | Main | 経営に効く7つの知財力 »