« 見ればわかる!外国商標出願入門 | Main | Phil Collins\ Going Back »

September 18, 2010

磐田 2-1 東京 負けたほうが弱い

 映像を見ていないので、あまり無責任なことを言ってはいけないが、徳永からキャプテンマークを剥奪し、今野あたりに譲ったほうがよさそうな感じの試合ではなかったか? 違いますかね?

 そこで妄想。「行方不明になっていた昔のチーム構想、東京の中期ビジョンの下書が見つかったので公開します。」なんてことはないだろうか? いつ書いたものであれ、こんなに悲惨な今を想像したものはないだろう。いや、今から作文してくれたっていい。構想とずれてきたら手を打つことができるのだが、構想そのものが曖昧だからいけないのだ。
 何でこんなに負けてばかりのチームになってしまったのか? それも、2000年頃からしたら、夢のように充実したメンバーなのに。
 残留に向けて、カンフル剤は必要だろう。ともかく、負けた者が弱いのだ。負けが多ければ、内容も糞もなく、J2が待っている。そうなれば、J1で優勝争いできるような、「強く、愛されるチーム」になるには相当の時間がかかる。今年が失敗の一年であることは決まったのだから、ともかく残留を決めるために、手を打たないといけない。選択肢はいくつもあるだろうから、一つにこだわることもないかもしれないが…
 さて、名政治家も、名社長も、あのシャムスカ監督だって、長期政権過ぎると、弱点が蓄積してよくないことが起こるものである。それは人間が不完全なものである以上、仕方がないことなのだ。その「賞味期限」のようなものに、個人差があり、それが長いから優れているということでもないのだと思う。

|

« 見ればわかる!外国商標出願入門 | Main | Phil Collins\ Going Back »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/49490108

Listed below are links to weblogs that reference 磐田 2-1 東京 負けたほうが弱い:

« 見ればわかる!外国商標出願入門 | Main | Phil Collins\ Going Back »