« 秋の到来とともに | Main | カラル遺跡 »

September 25, 2010

東京 0-1 大宮 後半、足が止まった

 10分ほどキックオフに遅刻したが、何とか試合に入ることができた。ここまでと違い、玉際に厳しく、気合のはいったプレーという感じ。ただ、攻撃の最後のところのアイデアがなく、大黒が動き出してもボールが行かないどころか、囮にさえなっていない。リカルジーニョも突破やシュートを試みるも、今ひとつぎこちない。

 そして後半。攻撃から守備への切り替えが遅れ始め、あわやの大ピンチがあった。その後、中村北斗がラファエルに突破されて、クロスを逆サイドの椋原が競り負けて失点。その後前田を起用して3バック気味にするが機能せず、そのまま終了。
 監督交代というカンフル剤に即効性はなかったようだが、今度こそ回復してほしいもの。今後けが人の復帰が期待できるけれど、相手より先に足が止まったのは、やはり重症かもしれない。やっぱり今野を運動量の要求されるボランチにして、徳永か森重をCBに下げたらどうかと思う。あとはキックの正確な松下をどう使うかであろう。大黒は、ううむ、スーパーサブで、大竹あたりがキラーパスを出すような感じというのは、妄想が過ぎるだろうか? 神戸が引き分けて勝ち点2差になってしまったが、当面はここらのチームの停滞を祈り、悪くても勝ち点1でも積み重ねるだけだ。

|

« 秋の到来とともに | Main | カラル遺跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/49558683

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 大宮 後半、足が止まった:

« 秋の到来とともに | Main | カラル遺跡 »