« 敢えて晒しものにしましょう | Main | 東京 2-2 神戸 あーあ (7月17日) »

July 12, 2010

2010ワールドカップ雑感その8 決勝

 スペインのパスサッカーが世界を制した。主審に贔屓されたような気もするが、内容を考えると仕方がないかもしれない。これでFC東京の選手たちも、自分たちの目指すパスサッカーに自信が持てたであろう。
 オランダはファンペルシーがブレーキだったが、カイトの頑張りには胸を打たれた。あと、やはりロッベンはベストイレブン確実だろう。スペイン・ドイツ等は次の大会でも活躍できそうな人材が豊富であった。イタリアやフランスがどう巻き返すのか? 

 これで、ワールドカップ本大会、唯一の無敗がニュージーランドとなった。大会をいろんな意味で盛り上げたウルグアイとともに、健闘を称えたい。
 日本はCBとCFの人材育成により、まずは予選突破からだ。中国が強くなっているし、中東だってこのまま沈みはしないだろうから。

|

« 敢えて晒しものにしましょう | Main | 東京 2-2 神戸 あーあ (7月17日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48863533

Listed below are links to weblogs that reference 2010ワールドカップ雑感その8 決勝:

« 敢えて晒しものにしましょう | Main | 東京 2-2 神戸 あーあ (7月17日) »