« バス | Main | 東京 1-1 磐田 試合のことは忘れた »

July 26, 2010

湘南 1-3 東京 欲を言えばキリがない (7月25日)

 平塚はJ2を見に何度か行っていたが、さすがにずいぶん久しぶりだった。少なくとも5年は行ってないようだ。
 試合前、東京のウエーブ、最初は無視していた湘南だが、ついに乗せられ、会場を一周。だから東京のペースになった訳ではないけれど、ベルマーレ平塚vs東京ガス以来の「伝統の一戦」は、相変わらずの場外乱闘(?)からスタートした。

 失点もしたし、赤嶺は決定機にシュートを真横に蹴って4点目を逃したけれど、大黒が初得点し、アウェイで勝ち点3が取れただけでもよかったではないか?
 少し雨が降り、遠くで雷も鳴ったけれど、リードしている試合がとまらずに勝利できただけでもよかったではないか?
 徳永が負傷してしまったけれど、森重のボランチが非常によかったことを発見しただけでもよかったではないか? (このまましばらくやってもいいのでは? ダイビングヘッドは見えなかった。守備の選手の足が上がっていたのでオウンゴールだと思っていた。)
 やはりCBとは運動量が違うから森重は90分持たなかったけれど、高橋が何とかその後を埋められただけでもよかったではないか?
 サブの平松の重要性を痛感したけれど、キム・ヨングンの守備の安定を確認できただけでもよかったではないか?
 羽生が90分出て疲労が心配だけれど、梶山がイエローもらわなかっただけでもよかったではないか?
 反町監督の前で平山の意地を見せたかったけれど、彼と石川を温存できただけでもよかったではないか?
 高い交通費かけて平塚まで行ったけれど、ジャーン・エメルソン・阿部が全員スタメンで見られただけでもよかったではないか?
 でも、次は中2日で、中3日の磐田を迎える。
 

|

« バス | Main | 東京 1-1 磐田 試合のことは忘れた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48984473

Listed below are links to weblogs that reference 湘南 1-3 東京 欲を言えばキリがない (7月25日):

« バス | Main | 東京 1-1 磐田 試合のことは忘れた »