« 東京 1-0 京都 未だ見えてこない (6月6日) | Main | 吉川 敏明「ホントは知らない イタリア料理の常識・非常識」 »

June 15, 2010

ワールドカップ雑感 原点に返ろう

 日本が3連敗するとしたり顔で予想している人がいる中、カメルーンに勝って素直に喜びたいというよりも、「ざまあみろ」と言いたい気持ちもあるのだけれど、そもそもサッカーは最後まで分からないのだということを忘れた自分に恥じている。野球を敵視するのではないが、日本サッカーを敵視する者どもは、やはり敵なのである。でも、そういえば俺もWBCで日本を応援していなかったので、俺にも奴らを「非国民」という権利はなさそうだ。

 閑話休題。ここのところの代表の不調で、このままだと今年の流行語大賞が「オウンゴール」になるかと思ったが、「心をひとつに」とか「一体感」とかになればいいと、職場でそういうことを感じない身として思うのである。しまった、余計なこと言った。
 何はともあれ、我々は3試合を楽しめる権利を得たのである。あとはデンマーク・カメルーンが引き分けると面白いのだが…
 さて、日本がカメルーンと10回やって何度勝てるのかは分からないし(実は4回負けていない?)、相手に内紛もあったかもしれない。また、試合はどっちに転ぶか分からなかった内容だったけれど、この勝利は「番狂わせ」ではなかった。まあ、アトランタのは番狂わせだったかもしれないが、あんなことはたまにしかないけれど、昨日のようなことは結構あり得る(逆もまた真なり)ということは、東京ファンならずとも、Jでもさんざん学んでいるはずなのである。
 で、私の原点はやはりドーハからジョホールバルにある訳で、先日の岡野の特集番組にうなり、彼がなぜJFLでサッカーを続けているのかということにも感動した。そしてJ2では、ひそかに札幌で不可欠な存在となった藤山の活躍は自分のことのように嬉しいし、まあ、この1月は濃縮されたサッカーの月にしたいものである。あっ、東京の試合は来月までないのか?
 サッカーファンの皆さん、ワールドカップ以降は、友達を誘って試合に行き、サッカーのコンテンツとしての地位を上げ、日本経済を活性化しようではありませんか。

|

« 東京 1-0 京都 未だ見えてこない (6月6日) | Main | 吉川 敏明「ホントは知らない イタリア料理の常識・非常識」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48639851

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップ雑感 原点に返ろう:

« 東京 1-0 京都 未だ見えてこない (6月6日) | Main | 吉川 敏明「ホントは知らない イタリア料理の常識・非常識」 »