« パラグアイ戦を前に | Main | 2010ワールドカップ雑感その5 敗退 »

June 30, 2010

2010ワールトカップ雑感その4

 僅差だと思っていたが、0-0で差がないというというのは納得だ。いかにもパラグアイ戦らしい。
 まずは、サッカーという「シンプルなルールだからこそ世界標準」という状況で、「ガラパゴス」と言われる(エクアドルに失礼だが)日本が、「それなりに準備すればそれなりにやれる」ことを見せることができたのは、産業界を元気にする効果のあることだと確信。小国と違い、様々なスポーツの選択肢がある日本ということも、考慮すべきだろう。

 代表は、戦前の予想からすれば、よくやったということだと思う。まあ、今野をスタメンで使えとか、森本で勝負をかけたかったとか、最後は俊輔ギャンブルでもよかったかもしれないとか、「たられば」はいくらでもあるけれど、正解は無いのである。
 何はともあれ、リーグ戦を突破し、決勝トーナメントに「参加」できたのは大きい。実は決勝トーナメントのPK戦なんてものは、「他人事」で、まさか日本がそんなことになるなんて、想像もつかなかった。
 海外組ががんばり、長友の移籍話もささやかれるが、それでも代表の大部分はJリーグから出た選手なのだから、自然にスタジアムの観客数が増えればいいのにと思うのである。
 忘れてはいけないことは、次は「4年後」ではないということ。今度の予選は中国が脅威になるだろうし、イランや中東だって黙ってはいないだろうから。
 さて、残されたチームも少なくなってきたが、この後、どんな出来事が待っているのだろうか? 4年に1度、約1か月ということは、1/48、つまり約2%の期間でしかないのだが、もう少し、はめを外して楽しみたいものである。

|

« パラグアイ戦を前に | Main | 2010ワールドカップ雑感その5 敗退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48761067

Listed below are links to weblogs that reference 2010ワールトカップ雑感その4:

« パラグアイ戦を前に | Main | 2010ワールドカップ雑感その5 敗退 »