« Genesis \ Seconds Out | Main | ワールドカップ雑感 原点に返ろう »

June 08, 2010

東京 1-0 京都 未だ見えてこない (6月6日)

 ようやくいい気候になってきて、昼寝日和。やはり平和が一番だと感じる天候。
 しかし、この日は負けたら終わりの戦いなのであった。先発は右SBに松下、左に中村北斗というMFだらけの布陣。FWも鈴木達也と赤嶺で、平山と重松がベンチで、なんだかアイスホッケーみたいな入れ替えだった。
 試合は加藤久監督が後に言ったように、慎重な形で始まった。東京はコーナーキックからの赤嶺のヘッドがあり、石川と鈴木達也も決定機を迎えるが前半は無得点。パスはまわるものの、突破がないから、最後のところで数的優位にならないのが今年の悪い特徴か。ただ、石川の動きには復調も感じた。皮肉っぽくなるが、ワールトカップ期間には完調だろう。

 後半になって、森重(この人の上がりにはワクワクする)、羽生の突破など攻勢を強めてきた。そして赤嶺が倒されたフリーキック。これをキム・ヨングンが蹴ると、左ポストに当たったボールがGK平井に当たってゴール。かつて楢崎がバーから落ちてきたボールを入れてくれたことがあったが、それを思い出したのだった。実はひそかにキム・ヨングンがそろそろ決めると言っていたのだが、どこにも書いていないので証拠はない。
 その後も東京が支配したが追加点は取れない。鈴木→大竹(石川をFWに)、石川→重松、羽生→椋原(松下をMFに)という交代はなかなか合理的な感じがした。その後、大竹の惜しいヘッドもあり、終了間際の権田のファインセーブで勝ちを確信し、更にチャンスを作って松下の惜しいシュートもあったが、その後のカウンターは相手のシュートミスに救われて、肝を冷やすが何とか勝ったという感じ。
 勝つには勝ったが、これから上位のチームと戦って勝てるだろうかと考えると、お寒いものがある。少なくとも「乗ってくれば大量点」というイメージは全く無い。やはり突破がないから、最後シュートのところで余裕がないのだと思うよ。
 中断前の最終戦に行けないのは残念だが、何とか突破するだろうと期待。

|

« Genesis \ Seconds Out | Main | ワールドカップ雑感 原点に返ろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48573460

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 京都 未だ見えてこない (6月6日):

« Genesis \ Seconds Out | Main | ワールドカップ雑感 原点に返ろう »