« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

ヴェルディ 1-1 横浜FC イングランド戦の前に(5月30日)

 競技場の手前で東京ファンの旧友と会う。思わず「暇人」という暴言。でも、俺も同類だ。
 この2チーム、ヴェルディから横浜FCに行った選手が多くて分かり難い。横浜FCではスタメンの戸川、柳沢、大黒とサブのカズがヴェルディ出身で、岸野監督が引っ張ったのか、元鳥栖の選手も多い。その逆は横浜FCから戻ってきた平本ぐらいか。横浜FCには元ガンバの寺田紳一もいるのであった。
 前半、横浜FCのフリーキック。ヴェルディの壁の前に壁。キックのポイントにも壁。そして横に動かしたボールを寺田が蹴ると、土肥の反応が遅れてゴール。横浜FCが先制。なかなか手の込んだセットプレーで、元東京のGKには辛い。権田・塩田でも失点していたような気がした。
 横浜FCの攻撃は、全て新加入のホベルトを経由するような感じで、「チーム・ホベルト」というのがふさわしい。守備でも彼は効いている。そして、「フィニッシュ選任担当(組立には関与しない)」のような大黒が虎視眈々と狙っているが、そこは昨年の所属選手が相手、ヴェルディもスキを与えない。
 そして前半の終了間際、フリーキックからのボールを土屋が方向を変えて同点に。
 後半の打ち合い、大差となって、どっちがリードしてもカズ投入というシナリオを描いたが、その後は両チーム無得点。ただ、大黒のシュートと土肥のスーパーセーブ等、楽しめるシーンはいくつかあった。まあ満足。

Continue reading "ヴェルディ 1-1 横浜FC イングランド戦の前に(5月30日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2010

サッカーいろいろ

 代表は韓国に負け、東京は仙台に負け、いずれも負けてはいけない試合(後者なんか引き分けで御の字)を落としたといえそうだ。
 しかも今週末は東京の試合がない。ということで、今日はヴェルディでも見に行ってしまおうかと思うのである。どっちが勝ってもOKのサッカーの試合を見るというのは、趣味というか、道楽というか、何だか最近楽しくなってきたのだ。たまには土肥の活躍を見るのもいいし、カズが出てきたら最高だけれど、どうなんだろうか?

Continue reading "サッカーいろいろ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

30億円は著作権対価と認定 岡三証券への課税取り消し

 2010/05/25 21:10   【共同通信】
 岡三証券が国(日本橋税務署)を訴え、地裁は負けたが逆転勝訴。判決もろくに読んでおらず、よく分からないけれど、毎年確定申告でカネを取られている身としても、とりあえずは三権分立に万歳。

Continue reading "30億円は著作権対価と認定 岡三証券への課税取り消し"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

免許の更新

 昨日は府中で免許の更新。日曜日だったので府中の試験場へ。幡ヶ谷・飛田給の休日14枚回数券を消化し、調布からバス。うっかり前から乗り込もうとしてしまったが、これは都内最東端(?)の整理券バスで、後ろから乗らないといけないのだ。かつては何年調布に住んでいたのかと思う、うっかりぶり。でも、雨だったが多摩地区の明るい緑に癒される。

Continue reading "免許の更新"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

東京 1-0 新潟 やっぱり、最後まで諦めずに狙うということだ(5月22日)

 半蔵門線からの急行で、三軒茶屋に着いたのは15時10分頃。タクシーがなかなか来ない。246号は、駐停車の車で結構混んでいて腹がたつ。ああいう大通りを平気で塞いで渋滞させる奴らの神経は全く理解不能。もっと高い罰金を取るべきだ。
 会場についたのは大竹が登場した瞬間だったから、後半22分ぐらいだったのだろう。0-0のままだったので、前の試合と違って帰ろうとする人とすれ違うこともなく、リカルジーニョがうろちょろしていたから、内容としても東京が押しているようだった。ただ、平山のところでボールが収まり切っていない印象も。新潟はロングボールを放り込むが、高橋が跳ね返し続けている。彼は落ち着いてプレーしている印象で、相手のファウルを誘発している。ただ、一度大きなミスがあって、カバーした森重が負傷しそうになっていた。
 大竹を投入してからは松下が左サイドバックに入ったようで、なかなか器用だという感じ。しかし、攻めても攻めても点が取れないでいる模様。ついに鈴木達也を赤嶺。それでも点が取れない。
 ロスタイムは3分、まあ、引き分けでもいいや、このメンバーで勝ち点1なら御の字と思っていたら、スローインからボールを持った大竹が左サイドを抜け、ごちゃごちゃやっていると思ったらボールはネットに。最後まで諦めずに狙っていれば、いいことがある(かもしれない)ということなのである。記録によれば新潟の後半のシュートはゼロだから、0-0のまま終わっていれば、「もっと攻撃的に行くべきだった」という後悔が残ったのかもしれない。
 試合後は大竹と高橋の「シャー」。スーパーサブとしての大竹、平松が負傷している中でのCBのバックアッパーとしての高橋という収穫もあったといえるのだと思う。高橋については、平松のデビューのころを考えれば、課題もあるかもしれないが、メドが立ったといえるのかもしれない。アイシングをしていた中村北斗が負傷した可能性もあるが、ますますスタメン争いが激しくなればいい。ただ、石川だけでなく、鈴木達也・赤嶺までがリーグ・カップ戦も含めていまだに0点というのは、辛いところ。
 年1回の駒沢というのは悪くない。今後は仕事の時間をずらしてもらうこととしよう。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2010

東京 2-2 清水 最後まで諦めないDNA(5月15日)

 それでも最善を尽くしたつもりなのだが、飛田給に着いたときには3時半頃。ずっと0-1だったのだが、「実況版」によれば、赤嶺が決定機を逃した後に0-2とされ、絶望感が漂っている模様。駅から歩き始めると、そこには家族連れやカップル等、帰り始める人々。20組ぐらいはいただろうか?
 スタジアムに入っても、今ひとつ活気のない応援風景で、石川を松下に交代し、更に不満が増幅。でも、東京が攻めていて、清水DF陣は青息吐息で時間を稼ごうというような感じ。
 そんな中、キムヨングンのミドルをGKがあたふたとコーナーに弾き、そのコーナーのこぼれ玉。長友がふかさないようにかぶせて叩いた(野球みたいな表現だが)ボールは、DF、GKを巻くかのように吸い込まれた。1点差。更に東京が攻勢に出る中、長友が強引に奪って突進し、赤嶺のクロスのこぼれを松下が右足で叩くと、クリアしようとしたDFの手に当たってコースが変わり、GKのブラインドともなって、ボールはネットに。
 私がスタジアムに着いてから、10分ほどで2点差を追いついてしまった。すでにビール売りの人々もいなくなってしまったが、狐につままれたような展開である。更にロスタイムに1点という夢は叶わなかったが、清水戦負けなしを6試合とし、ホーム負けなしの記録も伸ばしたのである。あまり大したことではないかもしれないけれど… あと10分早く着いたら、3点取って勝利していたのかもしれない。
 さて、久しぶりで、原博実氏のいうところの、「粘り強く、ひたむきな、最後まで諦めないこのチームのDNA」が帰ってきたような気がする。

Continue reading "東京 2-2 清水 最後まで諦めないDNA(5月15日)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2010

代表について

 私の予想は23人のうち3人が外れ、西川ではなく川口、徳永ではなく岩政、香川ではなく矢野だった。確かにパワープレー(攻守とも)を考えると妥当かもしれない。いずれにしても、「弱者のサッカー」をせざるを得ない時間帯が多いということなのだろう。そりゃあ、大久保ではなく石川を見たかったけれど、まあこんなバランスなんだろうね。
 さて、決勝トーナメント出場への現実路線としては、1勝2分。3試合で得失点差1(3試合で得点1、失点0かもしれない)というところだろう。簡単ではないが、全て負けず、その中で1つだけ勝てばいいのである。2勝はまず考えられないから、1敗すると1勝1敗1分ということだろうが、そうは得点を取れないだろうから、得失点差や総得点で涙を飲むことになりそうな気がする。まあ、オリンピック代表とはいえ、日本がブラジルに勝つことだってあるのがサッカーだから、やってみなければ分からない。東京ガスだって天皇杯でベスト4になれたのだし…

Continue reading "代表について"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

山形 0-3 東京 力勝ち (5月9日)

 残念ながら日帰りかつほとんど時間のない旅になってしまった。まずは駅前に「敵軍」の旗を設置する山形の駅なのであった。

2010050902

 つぎに、「ヤッホー」と言いたくなるほど山で覆われたスタジアム。でも、駅からバスで30分強かかり、渋滞するのは嫌な感じ。こういう日はバス優先にしてもらいたいものだ。もっとも、天童からのほうが近いらしい。11年前はバックスタンドは締めていて、3,000人強の観衆だったが、この日は山形側はほぼ満員なのであった(約11,000人)。

20100509

Continue reading "山形 0-3 東京 力勝ち (5月9日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

代表予想

 どの程度外すかを楽しむためにも、山形戦の感想より前、事前に書いておかなければ。希望ではなく予想である。

GK:楢崎、川島、西川
DF:トゥーリオ、中沢、今野、阿部
  内田、長友、駒野、徳永
MF:長谷部、遠藤、中村憲、稲本
  中村俊、本田、松井、香川
FW:玉田、岡崎、森本、大久保

大久保(森本)→平山、香川→石川と行きたいけれど、現状では難しいと思う。徳永も危なく、「代わりに」、平山、矢野等を含めて攻撃的な選手(電柱?)を一人プラスするかもしれない。いずれにしても、東京勢が当落ラインにいそうな感じ。

Continue reading "代表予想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2010

11年ぶり

 山形は11年ぶり。そのときはJ2でチームのツアーバスだった。岩元(岩本じゃないよ!)に取られて由紀彦で追いつき、加賀見が決勝点だったんだなあ。歴史を感じるよね! 記録を読んでいたら、画像を通しで見たくなった。

Continue reading "11年ぶり"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

東京 0-0 仙台 減量経営のツケ?

 ホームでは負け無しだが、ほとんど引き分け、アウェイではほとんど勝ち無し、これでは残留争いが関の山だ。なぜこうなったか? 赤字に怯え、投資を怠った減量経営は、少なくとも今年にすべきではなかったのではないだろうか? 一応ワールドカップの年でもあるし、今年こそ、田舎チームから覇権を奪取するチャンスではなかったのか? このままだと客が減ってカネがないという負のスパイラルから抜け出せない。昨年からカボレがマイナス、一昨年からはエメルソンもマイナス。エメルソンが活躍した試合は多くないけれど、今なら十分に戦力だ。カタールに奪われるリスクがあっても、とりあえずカネは稼げるのだから、中盤と前線に補強が欲しい。いずれもキープができる闘将タイプ。梶山・平山だってレギュラーではないぐらい。キムヨングン、リカルジーニョとも育てるオプション、まあ、リチェーリと大差ない「3,4人目」である。

Continue reading "東京 0-0 仙台 減量経営のツケ?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »