« 代表予想 | Main | 代表について »

May 10, 2010

山形 0-3 東京 力勝ち (5月9日)

 残念ながら日帰りかつほとんど時間のない旅になってしまった。まずは駅前に「敵軍」の旗を設置する山形の駅なのであった。

2010050902

 つぎに、「ヤッホー」と言いたくなるほど山で覆われたスタジアム。でも、駅からバスで30分強かかり、渋滞するのは嫌な感じ。こういう日はバス優先にしてもらいたいものだ。もっとも、天童からのほうが近いらしい。11年前はバックスタンドは締めていて、3,000人強の観衆だったが、この日は山形側はほぼ満員なのであった(約11,000人)。

20100509

 試合は最初だけ山形がプレスをかけたきたような印象があったが、すぐに東京が押し込む展開に。一度奪われても奪い返すことが多く、チャンスの多くはそのような形から生まれた。こんな場所から見ていたからよく分からない点もあったけれど、かなり深いところへ出たパスに重松が追いついたときには、角度はないけれど行けると思ったら先制点。
 2点目も起点になったのは平山で、彼が返したボールを羽生が思い切りよく蹴りこんだ。羽生はその前にも1本ミドルを撃っているのがよかったのではないかと思う。その前の石川のミドルも上のネットを狙っていたのだろう。ちょっとだけだが惜しかった。
 守備陣は結構裏を取られて不安定だったが、最後のところを権田が凌いでいた印象がある。
 後半は、時間がたつ毎に攻勢を増し、コーナーから今野が押込む。その前後も赤嶺・平山にチャンスがあるが、決めることはできなかった。結局3点差で終了。山形の立場からすれば「力負け」という感じなので、逆の立場から「力勝ち」とした。東京にとってはこれがスタート。徳永が3枚目を献上しなかったことも大きい。
 帰りも天童から新幹線を勝っていたのだが、買い物を考えてバスで山形駅へ。30分強であった。買い物をしてから列車に乗り込む。山形駅には東京サポーターへの御礼の看板。指定席は結構人が入っており、ほとんどが東京サポーター。米沢牛の弁当が売切れ、係員が注文を取って米沢駅で搬入。なかなかいい商売するではないか! 「東京蝗軍団」の本領発揮ともいえるだろう。
 代表のことは明日以降にしよう。

|

« 代表予想 | Main | 代表について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48327177

Listed below are links to weblogs that reference 山形 0-3 東京 力勝ち (5月9日):

« 代表予想 | Main | 代表について »