« 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 | Main | 日本 0-3 セルビア 妄想 »

April 05, 2010

Jeff Beck "Emotion & Commotion"

 エモーション・アンド・コモーション
買ってしまった。ううむ、久しぶりで"Greensleeves""Love is Blue(恋は水色。あのポール・モーリア)"の続編をやりたくなってしまったんだね。"Over the Rainbow"だもんね。

 ベックについては、柔道の背負い投げで相撲やプロレスに挑むが如き、異種格闘技的なところが私のお気に入り。ジャズだって、ヒップホップだって、ベックの手癖中心の必殺ギターで、「文句あっか、俺はベックだ。」と従わせるという感じが心地いいのである。まあ、このアルバムについては、還暦を過ぎても「不惑」ではないという点で、可愛い奴だと思うこととしたい。
 さて、アルバム1枚選べと言われれば、やっぱり"Wired"かな? "Blow by Blow"で、ちょっとソフトにJazzっぽくなってきたところ、次に過激に来たところが好み。ただ、時代を超えるような曲は少ない気もする。
 あっ、「ベック」なんていうと、「中年の証明」みたいで、最近はもっとメジャーな方がいるような…

|

« 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 | Main | 日本 0-3 セルビア 妄想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48008444

Listed below are links to weblogs that reference Jeff Beck "Emotion & Commotion":

« 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 | Main | 日本 0-3 セルビア 妄想 »