« 日本 0-3 セルビア 妄想 | Main | 残念、大宮行けず »

April 11, 2010

東京 1-1 鹿島 もったいない (4月10日)

 ペナルティエリアの中で鹿島の選手がハンドと思ったら、次の瞬間エリアギリギリのところで今野が足払いを食らってPK獲得。不安だったが平山がゆるく左に決めて先制。
 東京はキックオフ直後からアグレッシブに行ったが、2点目が取れなかった。鹿島は攻撃の形を作れなかったが、前半40分頃に、小笠原が一か八かで撃ったミドルが、ブレ玉だったのだろうか? 権田がパンチしたボールが興梠にこぼれて失点。あとはセットプレー以外にピンチはほとんどなかっただけに痛恨。
 後半は撃ち合いっぽくなったが、双方無得点のまま終了。石川・平山で作ったチャンスに重松!というときには決まったと思ったが、外してしまった。重松はスタメンで奮闘したが、交代が赤嶺ではなくリカルジーニョというのには驚き。そのリカルジーニョも、だんだんと馴染んできたようである。松下もよくなってきた。次の交代が石川→椋原というのも意外だったが、長友を上げるのだということで納得。もう一人は羽生→鈴木達也or赤嶺ということを考えたが、むしろ平松を入れて今野を上げるほうが現実的だったかもしれない。とまあ、そういう交代もなく試合は終了したが、特に赤嶺にとっては辛い試合だったと思う。

 「スポボラ」も10周年を迎えたことだし、ヴェルディが同じリーグにいないと「緩む」とかではなく、そろそろヴェルディを意識するのは止めて、この国の首都のチームとしての存在感を示すべき時期なのだ(そういう金の使い方をすべき時期がきた)と思うのだが、残念ながらこの試合も、そのような流れの一要素とはならなかった。東京が常勝チームとなり、さらに鹿島がプロビンチアとして残留争いを始め、「ジーコイズム」がジョークでしか使われなくなったときに、日本サッカーは、「かなりの確率でいつも決勝トーナメントに行けるレベル」に達するのだと思うのであるが、先は長いのかもしれない。
 マルキーニョスがいない鹿島と梶山がいない東京だったが、内容的には圧倒まで行かないまでもそれに近かったので、当面は上位と離されないことを祈る。

|

« 日本 0-3 セルビア 妄想 | Main | 残念、大宮行けず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/48053927

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 鹿島 もったいない (4月10日):

« 日本 0-3 セルビア 妄想 | Main | 残念、大宮行けず »