« 大宮 0-2 東京 Red Rain (3月28日) | Main | 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 »

March 31, 2010

東京 2-2 名古屋 大きな勝ち点1

 豪華補強の名古屋に梶山・米本・長友を欠き、森重もベンチという東京が挑むという構図。もっとも名古屋も楢崎が欠場し、アレックスや玉田もベンチであった。
 試合は名古屋のペースだが、東京が決定機を多く作り、羽生や石川、中村北斗の惜しいシーンも。しかし、先取点は名古屋。最終ラインを抜け出した肘撃ち野郎、ケネディに決められる。権田は前に出てきたが、張り付いていたほうがよかったような感じもした。前半はそのまま終了。
 後半。今野を羽生の位置に上げ、森重をCBに起用したが、セットプレーから平松がPKを献上する。しかし、これを権田が見事に止める。何とか1点差に踏みとどまり、重松を鈴木達也と交代、攻勢に。なかなか形が作れずにいたが、徳永が右サイド、裏に出したボールになかなか絡めなかった石川が絶妙の抜け出しとクロス、平山が決めて同点。一発で戦いを振り出しに。
 直後から大竹を投入するが、またも攻撃の形を作れず、逆にセットプレーから、平山(?)が被ったこぼれ玉を、千代反田に決められる。
 敗色濃厚と思っていたところ、ロスタイムに入って重松が大竹とのワンツーから抜け出して決めて同点。国立沸騰! もし、初めて見た人がいたら、相当に面白い試合だったろう。

 「地力に劣るが追いついた」という感じ。同グループは3試合とも引き分けなので、悪くない。ロスタイムに追いついたので、引き分けなのに勝ったような気持ちになった試合だった。
 パスミスは結構多かったが、皆でミスを克服しあったという感じであった。今後今野が2列目に上がる機会が増えるのだろうか? 松下の使い方は? まだまだだが、興味が尽きない。
 ところで、米本・森重・重松・平松・平山・松下。何だか農耕民族系の二文字の順列組み合わせのような気が… 監督は城福だから武士系のようだが…

|

« 大宮 0-2 東京 Red Rain (3月28日) | Main | 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47961768

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-2 名古屋 大きな勝ち点1:

« 大宮 0-2 東京 Red Rain (3月28日) | Main | 川崎 2-1 東京 悔しい敗戦 »