« 開幕 | Main | ちょっと気になってしまう »

March 06, 2010

東京 1-0 横浜M 勝点泥棒

 2番の「新加入みたいな選手」がキャプテンマークを巻き、見たことのないような身のこなしでボランチで奮闘するも、攻撃へのパスが機能せず。3番は佐原かと思ったら、しなやかにボールを奪っていて、パスもよく、少なくともブルーノ以上だと感じた。8番は最初のセットプレーのキックでサポーターの心をつかんだようで、今後にも期待。11番は昨年の40番そのものだった。14番はシュートこそ打っていたけれど、悪いけれど、まだこのチームの一員として見ることができないのは私だけだろうか? 
 前半から、相手の縦に入れたこぼれ玉を拾われる苦しい展開、決定機はないけれどピンチがそれなりにある中、後半から梶山・石川を投入し、キープ率を高め、更に9番まで入れるが、得点が取れない。でも、左サイドからの平山の果敢なシュートもあったし、まあ、今日は仕方ないかと思っていたら、ロスタイム3分の掲示があった直後、石川の見事な突破とパスを平山が右足で流し込んで決勝点。
 まだ見ぬ7番の穴はかなり大きい。2番をアンカーにして22番が少し前に行くか、2番を8番と組ませるのは無理なのだろうか? まあ、やっぱり梶山頼みかな? スポーツ新聞では「石川から平山! ロスタイム得点で劇勝!」となるだろうけれど、平山も奮闘したとはいえ、代表にふさわしいプレーとは言えなかったと思う。本人も分かっているだろう。
 100試合目の高山主審。凡ミスもあったと思うが(メイン側の副審も)、イエローゼロ、常に近くで見るポジション取りによるゲームコントロールは、高く評価していいと思う(勝ったからかな?)。

 でも、マリノスを侮ってはいけないと思ったのである。

|

« 開幕 | Main | ちょっと気になってしまう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47739563

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 横浜M 勝点泥棒:

« 開幕 | Main | ちょっと気になってしまう »