« 地域団体商標2題(プロ又はマニア向け) | Main | 侵害じゃないのに(埼玉県警商標権侵害:陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請) »

March 14, 2010

浦和 1-0 東京 森重、扇谷に斬られる

 主審の名前を見たときに、わざわざ「東北地方」まで行くことにしたことに、若干の後悔を覚えた。
 なんせあの審判だと、東京の勝率は極端に低く、彼が主審のときに限って、ほぼ11人で試合を終えることができないからである。ちゃんと調べれば、極端なデータが出るはず。ほぼ常に「12対10」の戦いとなるのだから困ったものである。浦和なんかよりも、はるかに「扇谷の壁」は高いのである。その点を理解していなかった新加入の森重が、今回の餌食となった。あの主審だと東京がいかに不利になるかということについて、事前に理解させてなかった監督の責任は小さくない。まあ、優勝争いをするためには、どうしても越えないといけない壁である。はなから「引き分け狙い」をすべき相手(浦和ではなく主審)だったのかもしれない。

 もっとも、中村北斗、羽生、鈴木達也、松下のできはかなり悪かった。でも、梶山は羽生ではなく鈴木達也と交代させるべきだったかもしれない。ここらは難しいところである。
 まあ、皆で反省して、次に進もう。まあ、浦和もこれで打つ手が遅れるかもしれないしね。それにしても、このできではまだ優勝争いをするレベルではないのかもしれないし、「扇谷の壁」が未だ課題だということを改めて思い知らされた。いやはや、監督コメントも見たけれど、かなりの皮肉、こっちもどう表現したらいいものか。
 もう一試合ぐらい扇谷があるのか? ないことを祈るだけである。

|

« 地域団体商標2題(プロ又はマニア向け) | Main | 侵害じゃないのに(埼玉県警商標権侵害:陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47812374

Listed below are links to weblogs that reference 浦和 1-0 東京 森重、扇谷に斬られる:

« 地域団体商標2題(プロ又はマニア向け) | Main | 侵害じゃないのに(埼玉県警商標権侵害:陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請) »