« January 2010 | Main | March 2010 »

February 26, 2010

欠けたピース?

 突然の米本負傷。梶山も痛かったが、松下の加入のスライドで何とかしようとする中、想定外の怪我人がでたような気がする。今年の練習すら一度も見ていない身でこんなことを言うのもナニだが、今後に大いなる不安を覚えた。意外とボランチの層が薄いのか?
 昨年は米本の出現が、逆の意味で誤算だった(のではないかもしれない)が、さて、どのようなやりくりがされるのだろうか? 新戦力にも期待しつつ、外国人枠もあるともいえる。さすがにブルーノや浅利の復帰はないだろうけれど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2010

続、カンピロバクター

 うちの近くの医師のblogを発見(今回行ったところではないけれど)。2009/7/3,2009/1/14, 2008/12/5。すっかりよくなってしまったのだが、今一度検査してもらおうっと。
 全く知らなかったけれど、すごい熱が出るので怖いもの。増えているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2010

カンピロバクター食中毒

 日曜の明け方から下痢と吐き気が止まらなくなり、関節痛や38度以上の熱も出てきたので、風邪だと思い。日曜だが昼過ぎに近くのたまたま診療中の内科へ。
 風邪ではなく、カンピロバクター食中毒らしいということで、薬を処方して貰う。風邪薬を飲み続けなくてよかった。どうも金曜日に食べた「鳥わさ」あたりが原因らしい。晩にはTシャツ5枚を着替えるほど汗をかき、翌日、哀しい性だが、「会社に行ける体」になってしまった。潜伏期間のある菌とのことなので、できれば日曜に発病して欲しくなかったのである。
 生・半生の鶏肉は怖いようである。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2010

フェアユース以前の問題?

 なぜ、意匠の公知資料を見ようとするときに、「著作権の壁」があるのだろうか? なぜ、こんなことにまで著作権者の許諾が要るのか? これを当然の合法と明確化することが、「フェアユース」導入の一つの突破口であってもいいと思う。いや、そもそも、こんなことに著作権を行使すれば、権利の濫用、「公共の福祉への挑戦」だと思うのだけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2010

日本 1-3 韓国 ここまで行き詰まっていたとは…(テレビ観戦)

 スタメンが「定食」で、大久保負傷で香川と交代するも、トゥーリオ退場の穴を埋めるための岩政は、その香川と交代。10人なのに運動量で苦しくなる。結局平山も使えず。
 ここまで行き詰っていたとは思わなかった。前言は撤回である。まあ、岡田監督はここ数日中に解任されるのでは? 大木さんかクマが指揮を執るというのはちょっと苦しい? となるとJの上位チームの監督? トゥーリオをコントロールすることも考えると、ここはアマラオでも呼んできたらどうかとも思ったが、彼じゃ言うこと聞かないよな。ベストは西野さんだと思うけれど…
 決定力不足という点では、トップは前田と平山を競わせるのがいいんじゃないかと思う。とりあえず、岡崎の相棒争いとして。
 まあ、アトランタのブラジル戦のようなこともあるのだから、最後まであきらめずに可能性を信じて、少しでもベターな準備をするしかないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2010

フェアユース?

 よくよくみると3年前のblogなのであるが、動画をのっけるのが著作権侵害であることは間違いないだろう。
 なぜならば、動画がなくても、このコーナーのヒドさは大体見当がつくからである。となると、たぶん著作権法の「正当な引用」の範囲を越えているのだろう。でも、私には「できれば見ないTBS(あの『朝ズバ』やってる局ということ)」なので、見当がつくけれど、見当がつかない人もいるかもしれないし、ひょっとすると全然酷くないコーナーなのかもしれないが、こうなったら分からない。
 正当な評価を受け、少しでも好感度を上げるためには、局が自らこの動画を公開して批判に晒すしかない。もっとも、実務的にはそのための権利処理が要るので、不可能なのかもしれない。その点は理解しないでもない。
 ただ、そもそも報道特権を与えられ、表現の自由の「最後の砦」にならなければならない機関が、批評・批判を受けるのを避けるために著作権を使うのは、「権利の濫用」の匂いがする。局としても嫌々権利行使しているのであろうか? 法改正が要るのかどうか、よく分からないけれど、やっぱりバランスを欠いていると思うのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2010

意外と岡田監督でいいと思っている私

 何故かと思ったら、ジーコと比べればはるかにマシだと思っているからだった。そうか、なあんだ。でも、数年前にマリノスをチャンピオンにしたときの岡田監督は、なかなかだったと思う。あと、代表は今年、まだ始動したばかりということもある。でも、もう少し他の選手を試して欲しい。仮に韓国に負けでもすれば、新たな動きが始まるんだろうね。監督ってのは大変な職業だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2010

日本 0-0 中国 仕分中だがオプション不足?

 ULTRAS喝サンドを買って、味スタへ。久しぶりのバックスタンド。ここでは初の代表戦。最近、代表の試合を見たのがいつのことだったかも思い出せないが、ここの試合だから行くことにした。でも、寒くて「なでしこ」はテレビだった。

Continue reading "日本 0-0 中国 仕分中だがオプション不足?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2010

著作権法の目指すべき方向が見えてきた

 2冊を連続して読了。著作権法は、もはや文化法ではなく経済法であるべきと思わされる(1)と、今後著作権法がどちらへ行くべきかを確信させる(2)。いずれも素晴らしい。
 実は映画を見なくなって久しいのだが、(1)を読んでいると、音楽については特に納得させられる。また、表現の自由や、批評等を通じて、文化がより豊かになって行くということが理解できるのである。
 (2)との関連でいうと、かつて、とある地域の組合まわりから、擬似著作権をふっかけられたことがあった。「モノのパブリシティが認められてないことは、最高裁の判例だ!」と判決文を叩きつけてやりたかったが、その地域の某社の売り上げがばったり落ちたら不味いので、がまんしてのらりくらりとやったことがある。今度そんな目に合いそうになったら、この本を叩きつけてやるか? 「720円+税」で済むのであれば…
 「帯や編集者の思惑とはちょっと違う中身が嬉しい」と、ちょっと危険なことを言ってみる。

(1)コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメント (河島伸子 2009 ミネルヴァ書房)

(2)著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A) (福井健策 2010)

Continue reading "著作権法の目指すべき方向が見えてきた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2010

日本 0-0 ベネズエラ テスト

 小笠原と大久保のテストだったのだろう。前者は保留、後者は石川・松井の下に降格という感じか。起用から見るに、平山はとりあえず次の段階へは進めるのだろうという感じ。
 あとは長友のできがあまりよくなかったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »