« 著作権法の目指すべき方向が見えてきた | Main | 意外と岡田監督でいいと思っている私 »

February 07, 2010

日本 0-0 中国 仕分中だがオプション不足?

 ULTRAS喝サンドを買って、味スタへ。久しぶりのバックスタンド。ここでは初の代表戦。最近、代表の試合を見たのがいつのことだったかも思い出せないが、ここの試合だから行くことにした。でも、寒くて「なでしこ」はテレビだった。

 さて、試合前に平山の歌。スタメンでも長友に特に大きな拍手。埼玉で青いチームが試合をすると、「アウェイ感」があるが、ここではそんなことはない。流れからすると、大久保のスタメンは謎。でも、国内組には代役がいないからなのだろうか?
 キックオフから日本が支配して押し込むが、シュートが少ない。0-0で前半終了でブーイング、シュート撃てのコール。喝サンドといい、東京の試合みたい。
 こんな試合だと、東京なら後半途中から鈴木達也を投入して、相手を撹乱して先制というようなパターンなのだろうけれど、日本代表にはそんなオプションがなかったようだ。まずは平山だったが、その後の攻撃のコマの投入が遅れた。「石川がいれば」ということなのかもしれないが、「その代役」すらいないのだろうか? 金崎・佐藤は伸びない限りは使わないのだろうか? いろいろと試すべきだと思うので、CBの控えや今野・阿部あたりだって使ってもいいと思う。興行的には、なるべくホームの選手を使ってくれよとも思うのである。平山は攻撃に必要なオプションだということが徐々に見えてきたが、ライバルがいないことが成長を遅れさせてきたのかもしれない。
 全体的には遠藤が引き気味のポジションだったが、稲本との役割が逆ではなかったと思う。あそこに米本が入れば面白い(「稲より米」だよ)。PKは判定も遅く、よく分からなかったが、楢崎がよく防いだ。
 試合後はブーイング。2万5千人は普段の東京の試合と大差ないが、徒歩の人が少ないこと、あの試合だと余韻に浸る人も少ないためか、より帰る人が集中。そんな中、相変わらず踏み切り付近では車優先の誘導で、遠目から見ていたが不愉快。代表試合の前後ぐらい(東京の試合もだが)、車両通行止めとまでは言わなくても、そこを通る空気の読めない間抜な車は、1時間ぐらい立ち往生させておくぐらいのほうが、環境のためにもいいのである。
 中国は守備的ではあったが、結構いいチームだったような。
 <追記>
 薄いけれどブランケットをくれたのには感謝。「協会だって、やればできるじゃないの。」という感じ。

|

« 著作権法の目指すべき方向が見えてきた | Main | 意外と岡田監督でいいと思っている私 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47499623

Listed below are links to weblogs that reference 日本 0-0 中国 仕分中だがオプション不足?:

« 著作権法の目指すべき方向が見えてきた | Main | 意外と岡田監督でいいと思っている私 »