« リンクの整理 | Main | ポメラ(pomera)を買ってしまった »

January 01, 2010

新春のサッカー展望など

 昨日、Sportiva (スポルティーバ) 2010年 02月号 [雑誌]なんぞを買ってきて、「名波浩のダイレクトパス 第10回ゲスト 梶山陽平」なんてのを読みつつ、今度のワールドカップを展望しつつ、社会人駅伝を見ながら午前中を過ごす。外国人は短い第二区だけなのか、駅伝まで「保護貿易」じゃダメだと思いつつ、天皇杯へ。
 ケネディがいて扇谷が主審だと、やっぱり茂庭の不幸なケガを思い出してムカつくのだが、そんな意味ではガンバが耐えて勝ったのはよかった。正直なところ、ACLにふさわしいのは広島よりは名古屋ではないかとも思ったけれど…
 さて、「ワールドカップ+ACL」ということを考えると、まずは柏木が流出した広島のリーグ戦はかなり厳しくなったといえるだろう。そして、鹿島は選手の流出と老齢化もあり、層の薄さで09年半ばあたりから苦しくなって来ており、これから「磐田化」への道を歩むだろう。川崎も09年がピークだろうから、注意すべきは名古屋の補強と浦和の復調。ガンバも横ばいだが可能性はある。しかし、それらもそう簡単には行かないだろうから、ACLの無い東京にも十分にチャンスはある。というようなことは毎年考えるのだが、そろそろ現実になって貰わないとね。経営が楽ということはないから、外国人枠を開けるのかもしれないけれど、あと2枚は欲しいところ。我々も99年、00年のときのような初心に返り、友人を連れて来て試合を見るべきなのかもしれないね。
 まあ、個人的にも今年は「大台」だから、いろいろなところで次の世代にお役に立てるようなことをしないといけないなんてことを、少し考えているのである。そうすることが、老後に遊びつつ飯食えるチャンスかもしれないという打算も露骨にあるけどね。まあ、そんなことを考える一年にしたい。

|

« リンクの整理 | Main | ポメラ(pomera)を買ってしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47177277

Listed below are links to weblogs that reference 新春のサッカー展望など:

« リンクの整理 | Main | ポメラ(pomera)を買ってしまった »