« 化粧品容器形態模倣事件(アトシステムvsアトプロデュース) | Main | これから買います »

January 13, 2010

アシッドのマークとストーンズのそれとは区別つく

 「混同のおそれあり」として一部商標登録を取消した特許庁の決定を、知財高裁が取消。平成22年1月13日判決。「似ているけれど区別がつく」という感じかな。でも、私のようなおっさんはアシッドと言われても分かりません。実は「アシッド・ブラック・チェリー」だそうです。

<裁判所の判断(傍論)>
 被告は,本件指定商品等に係る本件商標とローリングストーンズの業務に係る商品又は役務との誤認混同があるとする理由として,アシッドとローリングストーンズがロック音楽という点で共通していること,ローリングストーンズとアシッドのファンの年齢層にも共通する部分があること,レコードや音楽の公演等の主たる需要者が商標に着目して商品又は役務を選択する可能性の存在があること等を主張するが,上記認定のとおりのロック音楽の多義性からして,「ロック音楽」であるということから直ちに統一的に理解することができるものであるか疑問がなくはないこと,ローリングストーンズとアシッドとの中心的なファン層が異なること,音楽は嗜好性が高いものであって,音楽CD等の購入,演奏会への参加等をしようとする者は,これらの商品又は役務が自らの対象とするもので間違いないかをそれなりの注意力をもって観察することが一般的であると解されるとの取引の実情等に照らすと,被告の主張に係る事情を考慮したとしても,上記判断を覆すに足りるものではない。

 特許庁より裁判所のほうが気が若い?

原告のマーク

2008900243

ストーンズのマーク(判決では着色して考えている)

1411158 25205262574649

|

« 化粧品容器形態模倣事件(アトシステムvsアトプロデュース) | Main | これから買います »

Comments

コメントありがとうございます。40代としてはほろ苦い判決になりました。私はLove You Liveが好きでしたが、オリジナルは77年発売とのことです。

Posted by: Mendoza | January 15, 2010 at 10:05 PM

こんにちは!
なんと…、同じ感想ですね…!
http://blog.goo.ne.jp/aigipattm/e/2f017b69904eb1058892d38d6cf526c1

Posted by: ひろた | January 15, 2010 at 05:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47286504

Listed below are links to weblogs that reference アシッドのマークとストーンズのそれとは区別つく:

« 化粧品容器形態模倣事件(アトシステムvsアトプロデュース) | Main | これから買います »