« Chris Spedding | Main | カミとハンコが日本を遅れたものにする »

December 19, 2009

いまさら「オシムの言葉」

 千葉のJ2降格を記念して、というのは嘘で(もちろん祈念もしていない)、たまたま図書館で目の前に現れた「オシムの言葉 (集英社文庫)」を、最近になって読んだ。私の大好きな「サラエボ旅行案内―史上初の戦場都市ガイド」から引用あり。

 羽生が、いかにオシムサッカーを体現しようとしているのかがよく分かった。と考えると、この本は昨年の春には読んでおくべきだったのだろう。
 千葉は、この監督力で勝ち点を稼いだものの、観客が増えなかったことが経営を圧迫し、選手を売ってしのいだが、代表に監督を取られ、息子に託したがダメ、選手を売ったので勝てなくなり、観客が増えずに更に苦境という悪循環に陥ったということ?
 景気うんぬんもあるけれど、ここ数年のJは、集客力が全てなのかもしれない。

|

« Chris Spedding | Main | カミとハンコが日本を遅れたものにする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/47059801

Listed below are links to weblogs that reference いまさら「オシムの言葉」:

« Chris Spedding | Main | カミとハンコが日本を遅れたものにする »