« November 2009 | Main | January 2010 »

December 31, 2009

リンクの整理

 リンク(FC東京関係のみ)を整理した。要するによく見ているところで、自らのブックマークとほぼ同じである。全くの順不同。ちなみに"Borrachitos"とは、「酔っ払いたち」ということで、身に覚えのない方、ごめんなさい。
 とまあ、こんなことをしているうちに、2009年も終わってしまうのであるなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2009

著作権判例百選 [第4版]

 8年ぶりにすぎないともいえるが、待ちに待った著作権判例百選 第4版。前の版(著作権判例百選 (別冊ジュリスト (No.157)) )が陳腐化したといえるほど、判決がたくさん出続け、ざっと見る限り控訴率が高い著作権法関係。編集者が斉藤博・半田正夫先生から、中山信弘・大渕哲也・小泉直樹・田村善之先生に変わった。若干、著作物のユーザーの視点が強まったかもしれないと思うが、著作権法が産業保護法にシフトしつつある現在、バランス的にも好ましいのではないかと思う。もっとも、執筆者は斉藤先生率いる著作権法学会のメンバーが大多数である。一流どころばかりだと思う。
 特実以外の知財を担当する者としては、商標・意匠・不正競争判例百選-別冊ジュリスト No.188-同様、辞書代わりに身近に置いておきたい書物だと思う。なお、編集者は小泉先生ではなく茶園成樹先生であるという点を除いて、上記第4版と同じ先生方である。

Continue reading "著作権判例百選 [第4版]"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2009

松下

 この補強、シブすぎ。これで新潟には負けないような。ミニ遠藤(ガンバ)という印象。確か最終戦のコーナー蹴ったのも奴だと思うし、かなりの脅威だった。いずれにしろ、待ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2009

キャリーバッグに車両税を

 キャリーバッグ事故多発、国民生活センターが初の注意喚起
産経ニュース 2009.12.26 13:58

 無神経かつ邪魔っけな奴が多いから、いっそのこと購入時点で、車両のように課税しちまったらどうかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2009

トーチューとエルゴラ

 エルゴラが130円のときは、合せて250円で両方買っていたが、150円に値上げされてからは完全に競合関係になり、片方しか買わなくなってしまった。というようなことはありませんでしょうか? 皆さん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2009

年末

 冬至を過ぎ、明日は会社は納会(来週2日も出勤だが)、明後日は某所でもちつきとすっかり年末。景気が悪くて新たな道も見つからないアラフィフということだが、まあ、しばらくはひたすら耐えながら様子を見るしかないのだろう。まあ、うまく時間を作って勉強でもしようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2009

カミとハンコが日本を遅れたものにする

 パソコンのOS更新で、特許庁とのパソコン出願の接続が1週間近く途絶え、青息吐息で各所に電話して尋ねながら、やっと解決。関係者の方々に謝意。原因はモデムとUSBコードとのコネクタのドライバのダウンロード忘れ、モデムの再インストール時の問題、電話番号の間違い(自分に接続しようとしていた)、IPアドレスの間違いと、アホのオンパレードかもしれないが、何だかなあ… 締め切り近いものはなかったし、ヤバい通知もなかったので、ホッとする。
 早くネット出願にすればいいのだが、電子認証関係が面倒なこととなっている。あとは「腕力」で切り抜けるしかない。

Continue reading "カミとハンコが日本を遅れたものにする"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2009

いまさら「オシムの言葉」

 千葉のJ2降格を記念して、というのは嘘で(もちろん祈念もしていない)、たまたま図書館で目の前に現れた「オシムの言葉 (集英社文庫)」を、最近になって読んだ。私の大好きな「サラエボ旅行案内―史上初の戦場都市ガイド」から引用あり。

Continue reading "いまさら「オシムの言葉」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2009

Chris Spedding

Chris Spedding (クリス・スペディング)
 私が持っているのは24曲入りの"Motor Bikin'"というベストアルバムだが、名曲"Guitar Jamboree(ギター・ジャンボリー)"を聞くためであれば、何曲入っていようと、安いCDのを買えばいい。そう考えると、i-Tuneでこの曲だけダウンロードできるようなので、そっちのほうが得かもしれない。チャックベリー、ジミ・ヘンドリックス、ジャック・ブルース、ピート・タウンゼント、キース・リチャーズ、ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ポール・コゾフ、レスリー・ウェスト、デイヴ・ギルモアが、1フレーズのパロディの形で「登場」する。私も全員のクセを知っている訳ではないが、十分に笑える。
 この程度のギターフレーズに著作権はないし、30年以上の前の曲だから大丈夫だったと思うが、今だったら、人格権だ肖像権だパブリシティの権利だと揉めそうな気がする。そうなったらつまらない。第二段・第三弾・ベース・ドラム編等も聞きたいところだし、クラシックバイオリン編だって悪くないと思うが、ヘタをすると、知的財産権まわりが、人類からそういう楽しみを奪ってしまうかもしれないと危惧するのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2009

茂庭

 ほとんどリンク切れしてしまっているが、タイトルだけでも楽しめないことはない。06年6月、ワールドカップ開幕前に、こんな茂庭リンクを作っていた。
 06年の1月に、たまたま98年のワールドカップで出会った、とあるレッズファンから電話があったとき、代表のCBは茂庭だと放言をした。彼は全く信じていなかったけれど、茂庭は最後にワールドカップ代表に滑り込んだのだから、半分は当たったと思っている。ただ、「日本をダメにした男」ことジーコが最もダメだったのは、宮本を切って茂庭で行けなかったことだったのだと、今でも確信している。そのくらい守備能力は高い。たぶん今でも。
 そんな茂庭だが、城福監督となって、ビルドアップの課題が露出し、更にケガが追い討ちをかける形となった。でも、「はいあがって来る」という頼もしい発言もあったし、彼がこのままで終わることはないだろう。どこで見ることができるのか、分からないけれど、来年の楽しみの一つにしようではないか! 待ってるぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2009

「12番目の選手の日」

 2,3,4,7,8,9,17,26,32。
 言うまでもなく退団選手の番号(レンタル除く)。何だかすごい。
 1時過ぎからだが味スタに行ってきた。特に退団する佐原と茂庭の挨拶には心打たれるものがあった。佐原については、東京に来る前はラフプレーの悪い印象しかなかったから、この2年間での人間としての成長には目覚しいものがあったと思う。

Continue reading "「12番目の選手の日」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2009

東へ西へ

 9月からここまで、国内、仕事とサッカーとで様々な地域に行った。
 静岡と焼津、仙台、清水、富山、鳴門・徳島・高松経由で丸亀、京都、新潟。どこも捨てたもんじゃない。まだまだ日本には未開拓の観光資源がある。たぶん、路線バスの活性化が観光立国へのキーだと思う。

Continue reading "東へ西へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2009

日本勢完敗!入賞者ゼロ/マラソン

 日刊スポーツ 12月7日
 まあ、悲惨な結果だったということなのだろうけれど、今年の東京マラソンをヅラで走った高田伸昭さんが、自己最高の2時間19分00秒、全体で14位、日本人4位というのは、何だか嬉しくなってしまうような明るい話題だといえるだろう。テレビは見ていなかったけれど、新聞見てニヤリとしてしまったのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2009

新潟 1-1 東京 やっぱり最終節 (12月5日)

 飯田橋(土曜の仕事場)を12時10分に飛び出し、15分発の山手線、上野へ出て38分発の新幹線、指定を取って弁当買って飛び乗る。座席はガラガラだったが、同じ車両に1名「同士」を確認。14時40分に新潟に着いて、シャトルバスに乗って競技場へ。15時半のキックオフには余裕。行きはそれほど混んではいなかった。

Continue reading "新潟 1-1 東京 やっぱり最終節 (12月5日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2009

新潟行きます

 4,5度目だと思うのだけど、最終戦だし、またまた行くのである。ふと、10年前の昇格のときは、新潟のDFはセルジオだったとか、東京だって奥原や新條が試合に出ていたなんて、どうでもいいことを思い出したのであった。夜はバカ飲みしたい気分。でもカゼ引かないようにだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2009

ようやく見ました 東京 1-0 神戸 (11月28日)

 ようやく録画を見たが、なんでこんなときにあそこにいないんだろうと自問自答するような試合だった。
 そのときは止むに止まれず京都にいたのだが、前日は風邪からくる下痢で出席が危ぶまれており、体が味スタを求めていたかもしれず、実際回復していたのだが、きっと欠席すれば、午後から回復していただろう。
 浅利や藤山というのは、迷惑な話かもしれないが、私にとってはヒーローというよりも、長年同じ釜の飯を食った「同士・同僚」という感覚。決勝点の平松が15というのも、7+8ということで、こじつけっぽい運命を感じることとしよう。
 さて、泣いても笑ってもあと1試合。攻撃陣はペナでは倒れ、浅利にPKのチャンスを与えてやってください。そして皆さん、防寒も必要ですが、試合前には軽食を。サリが点取って頭に血が上って倒れることの防止のためです。何か食べておけば大丈夫とブラジルあたりで言っていたと、又聞きしたことがあるので… ホーム最終戦行けなかった者としては、意地でも行くので、ぜひ、いい試合を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »