« 新潟行きます | Main | 日本勢完敗!入賞者ゼロ/マラソン »

December 06, 2009

新潟 1-1 東京 やっぱり最終節 (12月5日)

 飯田橋(土曜の仕事場)を12時10分に飛び出し、15分発の山手線、上野へ出て38分発の新幹線、指定を取って弁当買って飛び乗る。座席はガラガラだったが、同じ車両に1名「同士」を確認。14時40分に新潟に着いて、シャトルバスに乗って競技場へ。15時半のキックオフには余裕。行きはそれほど混んではいなかった。

 外は風が強かったが、中は雨が強いという印象。東京は平山が落としたボールを中村北斗が決め、徐々にボールキープ率を高めて試合をコントロールするが、2点目が取れない。前半終了間際の平山のゴールライン突破からの、ゴール天井を狙ったかのような強引なシュートは上に外れ、後半の米本の飛び出しからのシュートはGKの好セーブに阻まれる。梶山もゴールラインを突破し、平山がヒールで流し込もうとしたがこれも決まらず。雨のためか、もったいないコントロールミスも。新潟は内田にプレスをかけるとミスを連発して「狙い目」だった。そして、早めに赤嶺を投入し更に藤山、時間を使っていよいよ浅利というときだったのだが、そのとき、ことが起きてしまった。相手コーナーキックのボールに権田が触れられず、こともあろうに松尾に決められてしまったのである。結局引き分け。ただ、周囲のチームも広島が勝った以外は引き分けか負けだったために、5位で終了。昨年よりも負け数、しかも「たら、れば」を言いたかったのが多かったのに、順位は上なのであった。
 この日は米本と赤嶺の不調が気になり、梶山がシュートを撃たないのは相当に足が悪いのだなと思ったのだった。そして、この1年、鈴木達也は本当によくやってくれたと思う。
 最終節、特に今年のは特別な思いがあったので新潟まで行ったが、最後に松尾がオチをつけてくれた。しかし順位が変わらないというのがさらにオチだったのかもしれない。帰りは冷たい雨、悪態つきたくなる酷い渋滞だったが、駅近くで友人と鉢合わせてバカ飲み。アウェイではこういうのが楽しい。来年も何回かは行こうと思うのだが、九州がなくなったのは残念である。
 さて、今年はナビスコを取ったが、塩田離脱で権田起用、カボレ移籍、石川ブレイクと大怪我、徳永代表定着、今野CB転向、様々なハプニング等があり、何とかやりくりしたが、優勝争いはできなかったという感じ。来年ACLに出られないということで、経営との関係で、外国人枠は全部埋めずに優勝争いを目指すということなのかもしれないが、梶山が出られないときの代役も必要であろう。でも、「カボレ、ゆっくり休んで足のケガは完治したよね。戻ってきてもいいよ、来年は得点王だね!」なんてのはさすがに妄想だろうね。
 まだファン感もあるけれど、皆さんお疲れ様(選手もスタッフもサポーターも。特に浅利)と言いたい気持ちが、今年は特に強いのである。でも今年も、「来年こそ!」なのであるね。
 まだこのチームができて10年余りだが、そろそろ次の段階へ行きたいところ。まあ鹿島も選手層が厚くはなく、これが最後のタイトルではないかと思うので、来季は狙おうではないか!

|

« 新潟行きます | Main | 日本勢完敗!入賞者ゼロ/マラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46949942

Listed below are links to weblogs that reference 新潟 1-1 東京 やっぱり最終節 (12月5日):

« 新潟行きます | Main | 日本勢完敗!入賞者ゼロ/マラソン »