« タートルマラソン | Main | 浦和戦を前に »

November 04, 2009

東京 2-0 川崎 タイトルってやっぱりいいものだ(11月3日)

 富士山が美しく見える光景の中、東京のゴール裏は青と赤の風船ともの凄い量のトイレットペーパー。猥雑な感じでよかったのである。
 権田が緊張していないかどうか心配だったが、最初のシュートを無難にさばいて乗ったようだ。しかし、平山は最初は気が入り過ぎたか、ボールが収まらず、ミスパスも多かった。そして、谷口が今野の裏を取り、権田が出てきたところにジュニーニョにパスを出したときには、やられたと思った。奇跡的にシュートが上に外れて事なきを得る。
 その直後だった、左サイドペナルティエリアの角近くで米本が右足を一閃。川島が弾いたと思ったのだが、弾いた先はネットの中。唐突に先制。あれはブレ玉だったという説もあるが、やはりグーでパンチしなかったことが失点の原因なのではないだろうか?
 そして赤嶺の創造性あふれるループが外れたが、あの「バクチ」が当たれば大きいと思いつつも、確か前半終了間際に川崎が決定機を外してくれたおかげもあって前半は1-0で終了することができたような気がする。
 後半は川崎がプレスをかけてきて、パスのまわりも悪くなってきたが、カウンターから鈴木達也が飛び出し、クロスを送ると、怒涛の如く上がってきた平山が頭で決めて追加点。これは効いた。平山が一生懸命やる姿は、久しぶりで東京の試合をテレビで見た人々に驚きを与えたかもしれない。
 川崎は強引に攻めてくるが、東京は権田がいいセーブを見せ、徳永・椋原・今野も安定。米本が鋭いタックルでボールを奪い、味方のミスをイエローを貰って止め、梶山が独特のリズムでキープする。更に赤嶺に代えて長友、羽生を平松、鈴木達也を佐原と交代して、守備を固めて逃げ切る。今日は川崎の日ではないという感じがするいっぽうで、1点を取られれば流れが変わるかもしれないという恐怖心は、後半40分過ぎまで続いたが、最後はあっさりと逃げ切ったかのようだった。
 東京は全員がタスクを全うしたという感じだが、川崎は能力を出し切れなかった選手も多かったと思う。表彰式の際に羽生がカボレ・藤山が浅利のユニホームを着ていた心遣いが印象的だった。
 5年ぶりのタイトルだが、今度は「カップウィナー」から「リーグチャンピオン」への変貌が必要である。様々な困難もあるけれど、前回のような後退がないことを祈りたい。

 試合後は市ヶ谷経由で都営新宿の急行に座って調布へ。そこから飛田給臨時停車の特急で祝勝会に。もっといろいろな選手の声を聞きたかったが、まあ仕方がないだろう。石川の声を聞けたのはよかった。ムラバ社長の「シャー」も、応援指導部時代を髣髴させ、最高。
 そして、調布でいつもの飲み屋に行こうと思ったら、駅前に旧友たちの集団が。J1への昇格を決めた翌日、会社から帰って来て早く寝ようと思ったら、駅前に知り合いがたむろしていて飲みに行ってしまったことを思い出した。こうやって旧友と一献傾けることができたのもタイトルのおかげ、本当によかった。もっとタイトルが欲しい! 壊れるまで飲みました。
 最後に川崎の選手の表彰式の話について、いろいろな意見を読んで、様々な意見で感心できるものも少なくないのだが、まずはナビスコ社への感謝を考えると、チェアマンは立場上も怒らなければならないのだと思う。そして、「ファイナリストへの敬意は敗者へも。」とも思うのだが、私などが言っても慰めにもならないだろう。でも、かつてのリーグ戦も含め、川崎の「最後に坂を転げ落ちる伝統」は健在だといえそうだね。でも、この日の東京のタイトルは「タナボタ」ではなかったともいえる。
 すぐに浦和戦がやってくるし、天皇杯もあるけれど、残り少ない1年を楽しもう!
 最後に草民・大竹、まだまだチャンスはあるぞ!

|

« タートルマラソン | Main | 浦和戦を前に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46674568

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 川崎 タイトルってやっぱりいいものだ(11月3日):

« タートルマラソン | Main | 浦和戦を前に »