« 浦和戦を前に | Main | ささやかな「マイブーム」 »

November 08, 2009

東京 0-1 浦和 負けは負け

 終わってみれば負けは負け。前半は小気味いいパスで圧倒し、あとは決めるだけ、サッカーの質の違いを見せつけたと思ったが、こういうときほど好事魔多し。後半開始直後は相手の右サイドバック高橋が元気に上がってきていたが、羽生・徳永の裏を突かれ、フリーでクロスを上げさせて失点。
 その後原口が退場になったがこれがかえって災いし、引かれて守られて万事休す。残念ながら、引かれたときのオプションがなかったようだ。平松を入れて椋原、ブルーノと3バックにし、今野を上げ、最後はブルーノも上げたけれど、セットプレーのキッカー不在ということもあって、得点できず。大竹・近藤を使うことができなかったのも残念。おまけに梶山が2試合出場停止という、かなり苦しい状況にもなった。天皇杯は梶山が君臨するとして、今後どうやりくりするか、まあそれも含めて残された数少ない試合を楽しみましょう。
しかし、この期に及んで体調不良とか言っている中村北斗には、悪態つきたくなる気分である。

|

« 浦和戦を前に | Main | ささやかな「マイブーム」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46709270

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 浦和 負けは負け:

« 浦和戦を前に | Main | ささやかな「マイブーム」 »