« 日本 2-0 スコットランド 世代交代? | Main | ささはた10商店街に隠された【お宝キーワードを制覇せよ!】2009◆ささはたドッとこむ◆ »

October 12, 2009

東京 4-0 讃岐 つながる点、つながらない点 (10月11日)

 久しぶりにバックスタンド、それも結構前のほうで見た。サングラスを忘れなかったことにほっとした。スタメン紹介では、東京のサブにGKが2人いることに失笑が漏れ、相手の選手は知らない人ばかりだが、羽中田監督だけには拍手という感じ。
 天皇杯の初戦は嫌なものだが、キックオフ直後に赤嶺が裏を取ってペースを握る。羽生の左サイドからのミドルは、右ポストを叩き、そのまま入ったと思ったら、再び羽生の近くに戻ってきてびっくり。そして10分、右サイドのペナルティエリア内で右足でぬるするキープする梶山に、DFがゴールライン側からアプローチしたところ、梶山は難なく左足に持ち替え、左足でゴールを決める。この、人を小ばかにするかのようなプレー、これを自陣近くではなく、この場所でやって欲しいのである。
 続いて鈴木達也が、左サイドペナルティエリアギリギリのところをドリブルで横に運びながら、シュートチャンスを伺って、右足でゴール。あそこでコースを作られればやられるだろう。あとはコーナーからブルーノと右サイドからのクロスに赤嶺のヘッド。今後に向けても順調な前半といえるだろう。平松・椋原も無難なできで、守備のバックアップは何とかなりそうだ。
 ハーフタイムの他会場。浦和とヴェルディの負けが同時に表示され、どっちにしたのか、両方なのかは不明だが、拍手喝采。
 後半は梶山を大竹に交代し、羽生を梶山の位置に下げる。チャンスはたくさんあったがポストに阻まれるシーンやオフサイド、平山の思い切り悪いプレーや赤嶺がGKとの一対一を決めきれない等、よくないシーンが何度か。柏戦に向けて、若干の不安も。更には塩田が相手にボールを渡すミスや、佐原、米本の不要なイエロー等も。後半の戦いを見ている限り、連勝による上位進出や川崎とのナビスコを戦うチームとしては、まだまだ課題が残っている感じであった。特に、梶山はリーグ戦で2試合出場停止にリーチであるが、彼が不在の試合の不安は解消されなかった。とまあ屁理屈はいろいろあるのだが、何はともあれ、久しぶりに出てきた浅利のシュートを見たかった。決まれば「公式戦10年ぶり(J2以来)」だったのに。
 次の平日長崎は無理だが、勝ってもらって丸亀に、03年の雪辱に行きたい。

|

« 日本 2-0 スコットランド 世代交代? | Main | ささはた10商店街に隠された【お宝キーワードを制覇せよ!】2009◆ささはたドッとこむ◆ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46464552

Listed below are links to weblogs that reference 東京 4-0 讃岐 つながる点、つながらない点 (10月11日):

« 日本 2-0 スコットランド 世代交代? | Main | ささはた10商店街に隠された【お宝キーワードを制覇せよ!】2009◆ささはたドッとこむ◆ »