« 清水へ | Main | タートルマラソン »

October 26, 2009

清水 1-2 東京 そしてそのときも (10月25日)

 清水には新宿10時20分発の「あさぎり」を使ってみた。懐かしい小田急の景色。段々と田園風景となり、本厚木を過ぎるとどんどん田舎の風景に。終着の沼津から各駅停車に乗換え。清水に着いたのは2時間弱前だったけれど、河岸の市の店は混んでいたので諦め、バスでスタジアムへ向う。座席も結構一杯だったけれど、何とか滑り込む。
 試合は強風の中始まり、東京はあっという間に先制した。徳永が右サイドを上がり、切り替えして左でクロスを上げると、誰かがヘッド。当然赤嶺と思ったら鈴木達也だった。
 しかし、好事魔多しというのか、追いつかれたのは早かった。コーナーを与えてフリーになった岡崎にヘッドで決められる。何であんなフリーになったのか分からないが、さすが岡崎ということなのだろうか? これで試合は振り出しに戻ってしまった。そして、長友がスローインを羽生に譲り、何かと思っていたら直後に交代。ひざの痛みの再発かと絶望的な思いに(脱臼だったのだね。ましだったのかどうかは分からない)。そんな中、赤嶺がGKの脇を抜くような素晴らしいゴールを決めたのだが、オフサイドの判定。またがっくり。しかし、誰か(長友に代わって左へ移っていた徳永だった)のクロス。一瞬時が止まったような、スローモーションのような感じがして、私はゴールを数秒前から確信することができた。あのクロスが上がった瞬間、時空が折れ曲がったのかのようで、事実、何かに魅入られたかのように、清水のDF(児玉)がヘッドでゴールに決めたのである。赤嶺が詰めていたためなのか何なのか分からなかったが、神秘的な時間を味わったのだった。えーと、私誓って法に反するもの、危ないモノはやってませんです。てな感じで前半は終了。

 後半の途中から、清水は原と藤本を投入して攻撃のスイッチを入れようとするが、東京も鈴木達也に代えて平松、羽生に代えて藤山を投入して逃げ切りを図る。この2人は若干引きすぎのようにも感じたが、それほど決定的なピンチも多くなく、清水は児玉の負傷で永井を投入する機会を逸したのか(それでも投入もありだと思ったけれど)、そのまま終了。
 東京は今野が最終ラインを鬼神のように締め、梶山が独特のキープでペースを握った。梶山には一度だけ大きなミスがあったが相手の拙攻にも助けられた。そして、平山と赤嶺も強さを見せた。普通の選手は平山と正面からぶつかると、クラッシュしてしまうようである。そして、鈴木達也も単なる便利屋ではないことを証明した。徳永は実質2アシスト。権田は安定していたが、逆風のときのゴールキックは、あんなに高く蹴らなくてもいいと思うのだが…
 でも、帰りのバス渋滞で、試合後1時間半も後のひかりに乗り遅れた。環境に優しいということも考えると、駐車場を閉鎖するなどして、公共交通中心に切り替え、田舎者のマイカーは制限するべきなのである。本当にビール飲んでねえのか、お前らは、勝ち点3と引き換えで許してやるが、まったく!
 さて、浦和はホームで大宮に負けて大騒ぎ。困ったことに、次は締まった戦いをしてくるかもしれない。東京も攻撃陣の控えが奮起しないと、ナビスコとの2試合を同じメンバーだけで戦うのは辛いものがあると思う。
 そんな中、浅利が引退を発表した。J1に上がってからも、「日本一の社員選手」がいることを誇りに思ったのである。J1初得点への道は厳しいかもしれないが、残念ながら得点王争いの石川もいないのだから、PKは浅利ということで、練習をしておいてもらいたいものだ。個人的な話で恐縮だが、ホーム最終戦に、千葉戦のときだと勘違いして、予定を入れてしまったのが悔やまれる。フクアリのチケットは、本日コーナーアウェイのものが「放流」されたらしく、購入することができたが、最終節新潟のチケットも若干危ないのかもしれない。天皇杯も長崎だけは行けないが、あとは行くつもり。長崎で勝ったらすぐ丸亀手配かな? 今年も残り少なくなってきたが、まだまだ楽しもう。

|

« 清水へ | Main | タートルマラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46591677

Listed below are links to weblogs that reference 清水 1-2 東京 そしてそのときも (10月25日):

« 清水へ | Main | タートルマラソン »