« The Doobie Brothers 東京公演(2009/09/25) | Main | 特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都 シカン »

September 27, 2009

東京 3-2 磐田 たまにはこんな試合があってもいい (9月26日)

 「ロスタイム4分」は、「4分しかない」でも、「4分もある」でもなく、「まさに必要十分な4分がある」という空気だった。
 石川の、真ん中に蹴ったらキーパーが横に動いていたようなゴールで先制した直後、悪い予感がしたが右サイドを突かれてコーナーを取られ、こともあろうか権田の落球をあの前田に決められ、「せっかく石川が得点王に追いついたのにまた!」という最悪の失点。しかも更にその約5分後にもコーナーから、前半は「今日はお前の日ではない」ということを知らしめていたイグノに決められて逆転された。「その前にキーパーとぶつかった(?)ときにイエロー2枚目を出しておけ、川口の二の舞になったらどうするんだこのやろう」という感じ。
 すっかりネガティブとなっていた中で出てきたのが中村北斗ということで、カボレの大きな穴を感じ、試合を諦めました。ごめんなさい。その中村北斗のクロスを平山がGKと競ったこぼれを、左サイドハーフに上がった長友が決めて同点。更にロスタイムには今野が上がって3バックという布陣で、長友からのクロスを勝負師赤嶺が決めたのであった。
 ここここを読んだ印象もあり、1点取られるとほとんど勝てない、更に逆転もほとんど記憶にないこの1年ということで、完全な「負けパターン」と認識した。そのまま負ければこれ以上ない無様な敗戦だった試合について、非常手段を講じながらも勝ち点3というのは非常に大きいことである。こんな試合があと5試合もあれば、首位争いをしていたのである。「覆水盆に帰らず」とは全くこのことであるが…
 おっと忘れていた。梶山はよかった。羽生・鈴木達也・米本も合格だと思うが、もう一つ何かが欲しいような感じ。とりあえず数日我々は浮かれてよいとして、チームは課題山積みという感じであろう。
 何とか勝ったからいえるのだが、昨日の試合前の妄想は、大量得点を取って、終盤に藤山と中山ゴン(ベンチ外だったが)のマッチアップを見ることだった。更に誰かがシミュレーション気味にPKを獲得し、ゴール裏のコールに応えて浅利に蹴らせるとか、現実となったら気を失いそうなのであるが、いつの日か、ぜひ…

|

« The Doobie Brothers 東京公演(2009/09/25) | Main | 特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都 シカン »

Comments

トラックバックいただきました。

大体、ああいうデータは書いた途端に通用しなくなる傾向があるのですよねww

何はともあれ、勝てて良かったです。

Posted by: いおぞう | September 27, 2009 at 10:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46323798

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-2 磐田 たまにはこんな試合があってもいい (9月26日):

« The Doobie Brothers 東京公演(2009/09/25) | Main | 特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都 シカン »