« 商標"YES WE CAN" | Main | 5連休 »

September 20, 2009

東京 0-0 G大阪 「奪取職人」たちの競演 (9月19日)

 キックオフ直後に失点しなかったことで、好試合の予感がした。しかし、スペースをついた鈴木達也のクロスを石川が決め損なう。東京は中盤のプレスから米本が奪って攻撃の起点になり、米本・梶山のパスミスもあったが、最後は今野がボールを奪い取る。いっぽうのガンバも、明神が「らしさ」を見せ、さながら「奪取職人」たちの競演という感じであった。彼らの職人技にぞくぞくする一方で、東京は赤嶺が消えていたし、ガンバも前半はあまりチャンスがなかった。
 好ゲームに水を差したのが審判団で、主審・副審2人とも、ゲームについて行けなかったと思う。あれだけ真剣に怒る今野や石川を見ていると、コーナー・ゴールキックの判定や、流すべきかどうか、流したあとでカードを出すべきか等、「違うんじゃないの」という場面のかなりが誤審だったのだと思う。
 だからこそというべきだろうか、体育教師系のこの主審は「シャツ出し」には厳しく、ブルーノは2度注意された後、その後のファウルにイエローを出され(あのプレーはイエローかもしれないが)、東京に厳しい流れを作り出さないかと、はらはらした。スイッチが入るところまでは行かなかったと思うが、後半の梶山のイエローは、悪意はなかったので注意にとどめてほしかった。
 後半はガンバの流れになり、羽生を草民、鈴木達也のところに石川を持っていって左サイド中盤に徳永を上げ、徳永のところに椋原を入れたが、攻撃面での効果はあまりなかった。最後のほうは、米本がディフェンスラインに吸収されたところもあったと思うが、今野の鬼カット、権田のスーパーセーブ等もあり、無失点で終了。ただ、監督もギャンブルに出るよりも勝ち点1ということか、3枚目の交代カードを切ることができなかったようだ。カボレ放出、平山出場停止、大竹ケガの中、攻撃のコマとして中村北斗は残っているものの、あの場面で使うことは難しいだろうから、ユースケをサブにも入れない理由を聞きたいところ。CBも茂庭で行くべきだったと思うが、さすがに今野と組ませると、パワープレーに不安を残すということなのだろうか? この2人の併用は難しいのだろうか? あとは赤嶺をどうやって生かすのか、赤嶺はどうやったら生きるのか、これが課題であろう。

|

« 商標"YES WE CAN" | Main | 5連休 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46257711

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-0 G大阪 「奪取職人」たちの競演 (9月19日):

« 商標"YES WE CAN" | Main | 5連休 »