« 地域団体商標「鳴門わかめ」、登録取消(IPDL審決速報) | Main | 商標「夏目漱石」来ました »

August 30, 2009

東京 2-0 大分 

 スタメンを入れ替えなかったことに不満。特にブルーノと長友。ネガティブな気持ちで見ていた。前半はアップみたいなもの。中盤は大分だった。上本がカボレとやりあい、終了時にキレて監督に押えられ、交代。その昔の、西村主審の名誉回復をしないといけないと思ったのである。梶山のケアレスミス、相変わらず一対一に弱いブルーノ等、ピンチのほうが多かった。徳永がペナルティエリアに侵入して倒れたが、PKは貰えず。
 後半になって平山を軸に攻めつけるが、決めきれずに時間が過ぎる。いい動きをするがなかなか使って貰えない羽生を大竹に交代。更に攻勢。大竹から出たボールを石川がカボレにつなぎ、カボレは右足でトラップしてキーパーをかわし、次の瞬間左足で押し込んだ。その後、石川を鈴木達也に予定通り交代し、守りを固める。若干足を痛めているような梶山が不安だったが、守備にまわると頼もしいときも。大分も宮沢を投入してセットプレーの脅威を増すが何とか耐える。3枚目の赤嶺も当然だがカボレではなく平山に代えたのは驚き。そのカボレがロスタイムに倒され、「休憩時間」をもらうが、終了間際、席のまわりで何か物音がしたので後ろを振り向いたら、米本のスーパーミドルを見落としてしまったのであった。
 内容には全く満足できないが、ナビスコに向けて一歩一歩かな?

|

« 地域団体商標「鳴門わかめ」、登録取消(IPDL審決速報) | Main | 商標「夏目漱石」来ました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/46067290

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 大分 :

« 地域団体商標「鳴門わかめ」、登録取消(IPDL審決速報) | Main | 商標「夏目漱石」来ました »