« 横浜M戦 | Main | 秋風が吹く »

August 17, 2009

東京 0-0 横浜M 壁を越えられず(8月16日)

 昨年より梶山の影響力が強くなったチームで、代役は金沢しか考えられないけれど、鹿島でいえば小笠原(衰えは隠せないと思うけれど)を欠くような状態。更に「飛車」の石川を欠くということは、カボレの爆発がない限りは難しい。という予想が当たってしまったようである。ブルーノ・長友の代わりに出場した茂庭と椋原の貢献度は高かったが、草民はイマイチ。鈴木達也スタメンのほうがよかったかもしれないけれど、先を見た起用だったのだろう。金沢は必死でバランスを保とうとしたのだと思うが、攻撃への関与が少なかった。前半、相手にコーナーキックが多く、中澤を今野が必死でマークしていたけれど、あと何回かセットプレーがあったら厳しかったかもしれない。そんな中で、米本は獅子奮迅の活躍だった。更に成長するかも。
 後半は攻勢に転じ、カボレの惜しいシュートがあったのだが、後半戦で彼が固め取りしなければ、これ以上の上位は苦しいかもしれない。いけると思うのだが、どうしたんだろうね? 交代選手については、大竹のセットプレー(アシスト)に期待したけれど、あまりボールに絡めず、中村北斗に至っては、一人減員したような感じで、これだったら中盤が薄くなるリスクを覚悟で赤嶺を投入したほうが、ずっとましだったような気がする。そういえば、フィールドプレーヤーのサブが、佐原は当然としても、もう一人がユースケではなく平松だったのは、ユースケの態度とか、メンタル面に何かあったのではないかと少し心配になったのであった。浅利・藤山がサブにも入れないというのは、層はずいぶん厚くなったと思うのだが、ケガあけとはいえ、中村北斗のできには不満。
 まあ、暑い中、土-水でホームの山形に日-水で挑むと言うのは、アンフェアなような気もするが、今必要なのは内容ではなく、接戦での勝ち点3である。そうすれば次からも行けるのではないかと思う。といいつつ私は山形欠席。

|

« 横浜M戦 | Main | 秋風が吹く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45956514

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-0 横浜M 壁を越えられず(8月16日):

« 横浜M戦 | Main | 秋風が吹く »