« ポルノ映画「レンタルお姉さん」配給差し止め申し立て | Main | エスパニョールはFCニッポン? »

July 13, 2009

東京 3-0 名古屋 いい感じになってきた(7月12日)

 例の「ドロンパ」のバッグを持って帰って来いという「命令」があったため、キックオフ90分前に到着。ビール2杯飲んでキックオフに臨む。
 石川が左サイドをドリブルし、初シュートと思ったら呆気なく決まってしまった。日本人じゃないみたいだ。名古屋はこれまでのチームよりパスが回る感じもしたが、それもしばらくの間。キッパーへのファウルに激高したダビがもう一度同様のことをやってイエロー。久しぶりの穴沢主審だったが、彼は選手が怪我をしないように、危険なプレーと激しいプレーとを区別しているような感じがする。そして、平山から石川、石川の突破からのパスを受けた羽生がシュート、こぼれ玉をカボレが押し込んで2-0。そのまま前半終了。
 「4ボランチ」の中央は、米本が長い足を伸ばして相手の攻撃を遅らせ、攻撃となればパスコースを作る。梶山がタメを作り、攻撃開始時のボールの頼もしい受け手となる。今野・ブルーノもボールを奪った勢いで上がることもあり、サッカーの未来形はこのようなCBの攻撃参加ではないかと思わせる。そうか、リベロというのもいたな?
 名古屋は中盤の選手を巻に代えて4-3-3気味にしてきたが、特にピンチもない。そして、3人目の交代の後、花井がテーピングをされていた(東京ベンチ前。ひょっとして東京のトレーナーがテーピングしていた?)が、結局引っ込んで10人になってしまう。
 10人になった名古屋は長いボールを使い、かえって攻撃的になり、セットプレーのピンチも。ともかく1点差にされないことが大事だった。そんな中、交代出場の鈴木達也はチャンスを作り、何本かシュートを撃つのだが決まらない。しかし、もう時間稼ぎかという時間帯に決め、止めを刺すことができたのだった。「クローザー」の役割には、がっちり守って相手の戦意を喪失させる他に、ダメを押すという方法もあるのだと納得。でも、鈴木達也の役割は結構難しい。彼はスタメンでも行けると思うけれど、現在の役割も合っていると思う。
 「4ボランチ」以外では、これも中央の平山の安定・充実が際立っている。不安といえば控え選手だが、草民が台頭してきた。
 水曜も名古屋戦(ナビスコ)だが、中村直志が出場停止から復帰するので、中盤はそう簡単ではないかもしれない。
 最近は試合中のビールをいつも同じ女の子から買うのだが、同じ時間帯に来てくれるようになったので、計算がたつようになって、すこぶるよろしいのである。

|

« ポルノ映画「レンタルお姉さん」配給差し止め申し立て | Main | エスパニョールはFCニッポン? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45625369

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-0 名古屋 いい感じになってきた(7月12日):

« ポルノ映画「レンタルお姉さん」配給差し止め申し立て | Main | エスパニョールはFCニッポン? »