« ヴェルディ 1-2 甲府 意外な結末(7月22日) | Main | 東京 1-2(Ttl.6-3) 名古屋 見てないけれど »

July 26, 2009

東京 0-0 広島 崩しきれず (7月25日)

 長友のパスミスからピンチを招いたが何とか切り抜け、米本・徳永は比較的安定。梶山が中心だったけれど、カウンター封じの覚悟のイエロー。ブルーノの攻撃参加は効果的だが、ブラジル人CB共通のチョンボはするなよ、今野もたまには行けという感じ。相手のカウンターにGKも含めて対応したことは評価。元気がなかったのがカボレ。平山ではなく彼を交代させるべきではないかと思ったが、相手には脅威になっていたのかも。入団当初のあの突破はどこに? 水曜はお休み?
 後半は広島が、将棋の「穴熊」の如く引き、サイドを変えたり、中と外とを交互に崩そうとしたがラストパスが通らなかった。東京も交代が若干遅く、リスクを冒して勝ち点3という戦いはしなかったように思う。浦和が連敗したものの、残念ながら鹿島が負けなかったので、トップとの勝ち点が狭まらなかったが、鹿島の停滞は間違いがなさそうだ。心配なのは警告の累積と疲労、メンバーが代わったときの「ノッキング」。
 帰宅後、NHK見ていたら、東京の試合の後に思いがけずにアマラオが。東京ガス時代の原点回帰のような感じも。

|

« ヴェルディ 1-2 甲府 意外な結末(7月22日) | Main | 東京 1-2(Ttl.6-3) 名古屋 見てないけれど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45742535

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-0 広島 崩しきれず (7月25日):

« ヴェルディ 1-2 甲府 意外な結末(7月22日) | Main | 東京 1-2(Ttl.6-3) 名古屋 見てないけれど »