« 東京 3-1 清水 あえて試合運びの不味さを問う(6月13日) | Main | 頑張れ、国会図書館 »

June 21, 2009

柏 0-3 東京 開幕したのは東京!(6月20日)

 バックスタンド(ホーム)しか取れず、まさに「四面楚歌」の中、一人静かに観戦。
 柏ゴール裏によれば、これまではプレシーズン、この日が開幕であり、勝った暁にはディズニーランドを「東京…」から「浦安…」に改名してもらうとか。それは、本来公取委がやらなきゃいけない不当表示の類であって、勝敗に関係なく大賛成である。百歩譲って、ディズニーランドは東京都に多額の「東京使用料」を払うべきなのである。
 さて、東京は茂庭・佐原・大竹がサブからも外れるという豪華メンバー。柏はフランサ・ポポ・大津(三大恐怖)がサブ。柏は徳永と長友を引っ込ませようとしたのか、サイドが高かった。東京はカウンターで上がったブルーノがトラップミスをしたかと思ったが、斜め前にいいパス。石川がボールの落ち際、ゴール左上を狙いすましたシュートを決める(四面楚歌だから、喜ばず、ここは冷静にという状態)。ここのところ、石川のシュート前には、「時間が止まった、ああ決まるな。」そんな感じがするのである。
 その後も平山・カボレを中心にチャンスを作り、平山が胸で落としたボールをカボレがボレーで叩き込んで加点。ピンチも権田がセーブして2-0で前半を終える。
 柏側で見ていると、カボレ・石川に対する恐怖感は相当なものであった。「スピードが根本的に違う」と言う言葉や、シュートが決まらないときでも恐怖からの安堵の溜息が漏れるのである。そんな「諜報活動」も面白いものである。柏のサポーターの立場からいうと、前半だけで負けを覚悟したようだった。でも、柏が弱いのではなく、この日の東京が良すぎたのであるよ(と信じたいね)。
 そんな中の後半、いきなり平山がDFをなぎ倒して左足で豪快に決める。カボレとともにリーグ戦初得点。開幕したのは東京だった。2点の怖さという点でいうと、これで勝利を手中にしたといえるだろう。その後はフランサ・ポポ・大津投入にも対応し、逆に長友が積極的に攻撃に出たり、パスで相手をいなしたりしながら、試合を終えることができた。
 この試合で特に貢献度が高かったのが米本。守備から攻撃に移るときに必ず顔を出し、リズムを作っていた。梶山は後ろのほうで米本のフォローに徹し、時にキープを披露する。いい関係になってきた。そして、機を見て米本・梶山が前に飛び出すと羽生がカバーするシーンや、ブルーノ・今野が流れの中で上がったときに、米本だけでなく梶山がDFラインに入るシーンもあり、流動性ができつつあると思う。
 次は清水との対決。前回は長友・今野・平山・ヨンセン・岡崎がいなかったから、今度こそ対決感がある。

|

« 東京 3-1 清水 あえて試合運びの不味さを問う(6月13日) | Main | 頑張れ、国会図書館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45406270

Listed below are links to weblogs that reference 柏 0-3 東京 開幕したのは東京!(6月20日):

« 東京 3-1 清水 あえて試合運びの不味さを問う(6月13日) | Main | 頑張れ、国会図書館 »