« ダウンして、フクアリ行けません | Main | 東京 2-3 どっか 早くも本日の試合のMIP投票結果が集計・発表されました »

May 23, 2009

郷原信郎氏の本

 思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書) を店頭で見つけ、勢いで買って読んだ。不二家であれ、社会保険庁であれ、みのもんたの「朝ズバ」あたりに一方的に悪者とされる場合には、何か裏があるものだということは、少しでもサッカーや知財に関する報道を見ている人間なら体で分かる。本書によって、TBSがいかに「報道の自由」にあぐらをかいているのかがよく理解できた。ただ、司法・行政等と違って、マスメディアをまともにする方法については、本書では言及されていない。自由な社会のためにも統制的なことはダメだから、多少あぐらをかかせつつも、市場を機能させるしかないのだろうけれど、なかなか難しいだろう。「あるある」の関西テレビへの厳しい処分に比べると、本件におけるTBSの居直り、居座りに腹を立てている筆者の気持ちもよく理解できた。TBSは絶対見ないということはないけれど、少なくともリモコン動かしていて「朝ズバ」が写ったら、即座にチャンネルを変えるぐらいのささやかな抵抗は継続したい。
 そして、一般社会で、コンプラだ、内部統制だとか言っている連中の多くに、感覚的に嫌悪感と底の浅さを感じていたが、どうもそれは間違ってはいないようだ。
 前作「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書) もいつか読んでみようかと思う。
 誤解を招かないようにいうが、彼の考え方は別に破壊的ラジカルなものでは全然なく、「遵守」という用語の元に、全てが思考停止になることの危険性を述べているのである。

|

« ダウンして、フクアリ行けません | Main | 東京 2-3 どっか 早くも本日の試合のMIP投票結果が集計・発表されました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45106525

Listed below are links to weblogs that reference 郷原信郎氏の本:

« ダウンして、フクアリ行けません | Main | 東京 2-3 どっか 早くも本日の試合のMIP投票結果が集計・発表されました »