« 幡ヶ谷ダルビッシュ | Main | 著作権法学会2009年度研究大会 »

May 17, 2009

横浜M 0-1 東京 この勝ち点3は大きい?(5月16日)

 石川とカボレという攻撃の軸を欠く中、不安もあったが、前半は完全に東京のペース。もっとも、最初のコーナーキックに逃れた米本のクリアがなければ、どんな展開となっていたか、それほどあのキックオフ直後のプレーは大きかったのではないかと、記憶はおぼろげだが思うのである。
 マリノスは山瀬・狩野あたりが消え気味で、東京が中盤を支配し、こぼれ玉も多くを拾っていた。特に目立ったのは石川の「代役」の鈴木達也。時に突破、時にキープ、徳永とのコンビと、ときどき周囲のフォローが遅れてボールを失うこともあったが、状況に合せて試合を作るのはさすが。東京に欠かせない選手となり、石川との併用もありだと思う。ボレーは惜しかった。そして平山は前線でボールをキープして、起点となった。赤嶺は惜しいシュートもあったが、パスミスもあり、存在感があまりなし。徳永は守備が頼もしく、攻撃参加も効果的。というように、全体的にはかなりいい感じの前半だったが、点が取れないのが辛いところ。米本もスローイン時の機を見たいい上がりがあり、少しずつ攻撃面でも貢献できて行くのではないかと思う。
 さて、後半、マリノスが巻き返しを図る状況で、梶山が削られ、その後交代。出てきたのは中村北斗だった。羽生を梶山の位置に下げて北斗右、達也左とし、攻撃を組み立てていく。そして、コーナーキックのこぼれ玉を北斗が左足一閃、ボールはシュート回転で唸りを上げてネットに突き刺さった。何だか北斗のプレーだと言葉がドラマチック、漢字が多くなるのは私だけではないのだろう。
 その後、赤嶺を下げて大竹を投入したが、平山のワントップなのか、達也とのツートップにしたのかはよく分からず、最後は達也を浅利に交代してマリノスのパワープレーに耐え、勝ち点3を取ることができた。まあ、いろんなことはあろうが、まずはカボレ・石川を欠いて勝ち点3というのは大きいことだと思うのである。
 ところで、村上主審にはそんなに悪いイメージはないのだが、副審の判定と逆の判断で東京のコーナーキックやゴールキックが相手側となったのには閉口した。そんなに近くで見ていたということもなかったからである。もっとも、後半、ロスタイムの長すぎる5分は、その前の東京の時間稼ぎへの警告だったかもしれない。ロスタイムのロスタイムは長くなかったようだし…
 そろそろカボレ・石川も戻ってくるだろうし、達也・北斗も頼りになることが分かった。権田・今野・ブルーノも何とかやっている。ただ、想像だが、おそらく梶山はしばらくダメだろう。そこに金沢を入れたらどうかと思うけれど、今野を上げて佐原をブルーノと組ませるのか、羽生なのか、浅利なのか、はたまた徳永という「バクチ」もある? でも、千葉ならともかく、川崎攻撃陣を押さえられるかというと、誰が出ても不安でもある。
 さてはて、本日10時過ぎ、ロッピーで柏のアウェイを取ろうとしたが、轟沈。なめてたかも。大変なんだねえ…

<追伸>
 中田市長が東京戦で挨拶したのは、東京のJ1初戦以来? 仮にそうだとすると、彼が来れば、「不敗(全勝)伝説」ということで、ブーイングするのがもっと楽しくなるだろう。マリノス、東京という関東のカードで2万とちょっとというのは、お互いに動員に苦労している証であろう。

|

« 幡ヶ谷ダルビッシュ | Main | 著作権法学会2009年度研究大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/45038902

Listed below are links to weblogs that reference 横浜M 0-1 東京 この勝ち点3は大きい?(5月16日):

« 幡ヶ谷ダルビッシュ | Main | 著作権法学会2009年度研究大会 »