« G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) | Main | Norton Internet Security 2009 »

May 03, 2009

東京 3-2 大宮 大勝を自ら接戦に(5月2日)

 ガンバ戦はMXでゴールシーンを見ただけなのでコメントのしようがないが、茂庭・佐原を外し、ブルーノを入れて今野を下げ、今野のところに米本を入れるという「城福流の荒療治」が行われた。連敗中の大宮も、デニス・マルケスや藤本といった怖い選手を休ませていた。大宮が山形に敗れた試合はテレビでみたが、惨敗というよりも、攻めの最後のところの問題が大きく、東京と似ているような感じがしていた。
 この試合、まずは左サイドのカボレが落としたボールを赤嶺から石川につないで、右足で狙いすましたシュート。その後も攻め続けるが、カボレが右サイドを突破して上げたクロスに赤嶺が追いつけなかったり、GKと一対一になったカボレがGKに当てたり、シュートが右に外れたりで、追加点が入りそうで入らなかった。大宮にはほとんどチャンスがなかた。CBのブルーノ・今野もときどき攻めあがる等の流動性が期待感も抱かせた。ブルーノのフィードはなかなかいいようだ。そして、喉から手が出るほど欲しかった2点目も石川。状況を覚えていない。大宮は石川・カボレに裏を取られまくりだが、対策を打てないまま時間が過ぎていくようだった。
 しかし、この状況で「好事魔多し」という言葉が頭をよぎったのは私だけではないだろう。それほど高くない位置で梶山がヒールパスして相手にボールを与え、最終的には米本がファウルで止めてフリーキックを与える。あれがもっと高い位置ならばいいけれど、全く無駄なプレーだったし、あの位置ではファウルも不用意だった。更に壁が2枚から1枚に減り、いいのかと思っていたら(5/4加筆。壁の件は失点シーンのときではなかった。)、内田に決められてしまった。これで試合が難しくなった。そして、前半終了間際にも決定機を作られ、ヒヤヒヤのままで終了。
 後半、メンバー交代をした大宮が攻勢に。カボレがチャンスを作るが、シュートが打てず。耐える時間が続く中、長友のスローインを受けた石川が、浮いた玉をトー気味(?)、ループ気味に決め、ハットトリックを達成した。
 これで楽勝、さらには「大量得点で得失点差も改善」と思っていたが、大宮が捨て身の攻勢に出てくる。そしてCKからマトに決められる。マーカーはブルーノだったようだが、完全に外されてしまったようだ。その後もピンチの連続で、ゴールライン上でのクリア(長友)等もあった。東京は平山を投入して「守備を固め」、更には浅利も。大宮もマトを前線に上げる。石川に交代した鈴木達也がGKと一対一になるが決めきれず、前線でのボールキープもできずに長友がボールを奪われてピンチとなるなど、今シーズン恒例の不味い試合運び、その上へっぽこな主審がロスタイムを5分もとったが、何とか逃げ切ることができた。
 何はともあれ勝ち点3。広島・京都と嫌な相手が続くが、相手もそれほど調子がよくないようだ。鹿島はへたれてきているし、浦和もそれほどよくないようだから、これ以上離されないように行きたいところ。
 この試合も糧として、そろそろカボレが爆発するだろうと楽観したい。

|

« G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) | Main | Norton Internet Security 2009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44881962

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-2 大宮 大勝を自ら接戦に(5月2日):

« G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) | Main | Norton Internet Security 2009 »