« 大分 0-1 東京 「実況」で見ると… (4月25日) | Main | G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) »

April 28, 2009

ロバート・プラント

 Raising Sand(Robert Plant/Alison Krauss)、買って何度も聴いた。何てったってグラミー賞だもんね。でも、好きなミュージシャンやグループで、何がグラミー賞なのかは全然知らん。
 さて、おそらく、このアルバムは良質な曲がたっぷり詰まっているのだと思う。しかし、僕(なぜか「僕」)のロバート・プラントは違うのである。Zeppelinが消滅し、ドラムにPhil Collins等を起用して、11時の肖像  を出したときには、「これはまだまだだけれど、今後に期待」と思ったが、その後ずっと裏切られ続けていた、日本公演のときには、Little FeatのRichie Haywordをドラムに起用していたので大いに期待したのだが、これもすべった。ということで、最近では誰と何をやっているのか、関心の外になっていたのである。
 Zeppelinの原体験のある先輩方は、Led Zeppelin III の衝撃があるだろうけれど、私はプレゼンス 以降なので、原体験としてはそれほどの衝撃を受けたことがない。ⅢはB面全部がアコースティックで、「期待のハードロック調」はせいぜい3曲ということで、ファンには暴挙とも映っただろう。今聞けばそれなりの名作なのだけれど、原体験がなくても、Ⅲを知っている我々には、このアルバムとて、それほどの衝撃にはならないのである。でも、大きな太鼓の音に絡みつくような彼のヴォーカルの新曲を聴くことは、もうできないのかもしれない。
 渋谷陽一先生のコメントを聞きたいところである。

|

« 大分 0-1 東京 「実況」で見ると… (4月25日) | Main | G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44825157

Listed below are links to weblogs that reference ロバート・プラント:

« 大分 0-1 東京 「実況」で見ると… (4月25日) | Main | G大阪 4-2 東京 見てません(4月29日) »