« 「食糧危機」をあおってはいけない | Main | そろそろ… »

April 19, 2009

東京 1-2 千葉 8試合連続の1点(4月18日)

 久しぶりの国立。モルトン病(足裏痛)が再び悪化してきたこともあって、大江戸線を使い、歩行距離を最小限にする。
 試合は東京ペースで始まり、左サイドを抜け出した石川が冷静に決めて先制。前半はピンチもなく、長友の軽率なイエローを除き、いい感じで終える。判断が遅れた感じ。相手は執拗に長友の裏を狙ってきているようだった。新人初スタメンの米本は、独特のスライディングタックルでボールを拾うが、再び相手に渡る場面もあった。
 後半もチャンスを作り、近藤・カボレ・梶山の惜しいシュートもあるが、好セーブ等で2点目が取れない。若干疲れの見える石川を鈴木達也、米本を浅利、カボレを赤嶺に交代するが、交代後、せっかく突破をしてもフォローが少なくてチャンスにならなくなってきた。
 そして、終了間際、相手左サイドからのクロスを佐原がまさかのスルー、これを巻に決められてしまった。痛恨のミス。ロスタイムは4分、初の2点目を取れば勝てると思っていたが、このミスの影響もあってか、裏に出たボールを深井に決められ、万事休す。
 結果的には佐原のミスが大きく響いたが、引き分けと負けとの勝ち点差は1しかないから、同点後の「ギャンブル」は「あり」だったかもしれない。でも、後半の2点目を取りに行く時間と守る時間との共通認識が不味かったのだろう。時間を使えるという点では、交代は赤嶺ではなく平山だったのかもしれないし、赤嶺の役割は追加点以上に守備だったのだということは、私も含めたサポーターも勘違いしていたかもしれない。
 さて、現在スタメンの「指定席」は徳永・佐原・長友・今野・羽生・梶山・カボレと意外に多い。権田は別として、石川も席を確保しつつある。いっぽう、茂庭・平山・赤嶺・近藤・鈴木達也・大竹といったところが、出たり出なかったりである。選手層は厚くなっているが、そろそろ「指定席組」と、「出たり出なかったり組」とのシャッフルをしてもいいのではないかと思う。ここらのところは、小平を見ていない者には分からないところかもしれないけれど… 米本にもメドが立ち、カードも少ないので、後半戦には期待が持てるけれど、それまでに引き離されていないことだけを望むだけである。
 また、梶山頼みのリスクも考え、ボランチ・CBまでできるブラジル人あたりを、一人採ってもいいと思う。公式戦は8試合連続1点。何はともあれ、カボレを活かす作戦が必要なのかも。

|

« 「食糧危機」をあおってはいけない | Main | そろそろ… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44716871

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-2 千葉 8試合連続の1点(4月18日):

« 「食糧危機」をあおってはいけない | Main | そろそろ… »