« 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に | Main | 「食糧危機」をあおってはいけない »

April 12, 2009

東京 1-2 鹿島 あっけない失点と美しいゴール

 3万人を超え、ホームとしては負けてはいけない試合だった。
 最初の失点は開始直後、マルキーニョスのシュートがDFに当たり、方向が変わったもの。権田には何とかコーナーにでも逃れて欲しかったところだが、難しかったかもしれない。
 立て直して、羽生のバーを叩く弾丸ミドル等もあったのだが、2点目はペナルティエリア内で羽生と佐原が大迫を挟んでいたのに決められた。これはあってはならない失点。
 しかし、前半の終わり近く、裏に全力疾走して抜けた羽生のクロスを赤嶺がヘッドで見事に決める。羽生には小笠原がつききれなかった。そのまま前半は1-2で終える。
 後半、攻撃を仕掛けるが、梶山の強烈なミドルのこぼれ玉を石川がGKに当てたり、セットプレーからの今野のシュートがわずかに外れたり。
 結局1-2で終了。カボレに元気がなく、赤嶺もゴールシーン以外は消えていた。あとの選手はミスもあったが概ね自分を表現できていたようなだけに残念。東城主審は、岩政が赤嶺を明らかに引っ張っているのにファウルを取らず、次の赤嶺のプレーに笛を吹く等、「初期発見が遅れるタイプ」のようでイライラさせられた。だからこそ、最後の大竹とソガハタのプレーにペナルティスポットを指すのが、罪滅ぼし、ホームに対する礼儀ってものである。なぜかスタジアムの「本日のダイジェスト」では、このシーンが取上げられなかったが…
 ACL明けの鹿島、負けてはいけない相手に負けてしまった。ただ、この日の戦いを見て、鹿島の優勝はないと確信した。小笠原に明らかに衰えが見え、現状はそこそこ以上のメンバーが揃っているが、中後が抜けた現在では、中盤の若手の急成長がない限り、層の薄さはカバーできないからである。この時期、まだメンバーが揃っているから東京とも互角以上の勝負ができたが、夏を過ぎればじり貧となることは明らかだ。でも、東京がCB(名前は忘れた)の弱点を突けなったのも、不甲斐ない。
 東京も、ブルーノがサブにも入れない状況であれば、CBとアンカー(贅沢をいえば更に中盤の組み立て)ができる外国人選手を補強してもいいのではないかと思う。
 うーん、悔しい!

|

« 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に | Main | 「食糧危機」をあおってはいけない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44648598

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-2 鹿島 あっけない失点と美しいゴール:

« 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に | Main | 「食糧危機」をあおってはいけない »