« 代表論 | Main | 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に »

April 05, 2009

磐田 0-1 東京 BS知らずに現地へ(4月4日)

 神戸戦を酷評してしまったが、今野のCBを非常手段だと思っていたからなのであると言い訳しておく。「CBはSBやボランチよりも体力の消耗が少ないから、セットプレー以外でも、たまには攻撃に参加すべし、少なくとも相手がマークがずれるかもしれない。」と思う身からすると、今野にトゥーリオのような役割を与えるというのは、「あり」かもしれない。そうなると、鈴木啓太のような役割のアンカーが必要になってきて、それが浅利なのだということなのだろう。これも一つのオプションであり、そうなると、浅利と茂庭との競争なのかもしれない。若干アンカー役で伸び悩んでいる今野にも、いい刺激となるのだろう。でも、佐原もケガ持ちだし、ここで平松と吉本に奮起してもらいたいところ。フジも。
 さて、雨のバックスタンド、幸い事前にホテルにチェックインしたとはいえ、ちょっとした仕事から直行したため、スーツのスラックスの上から雨具のズボン、ゴアテックス加工だが革靴というもので、座席にはコンビニの袋に新聞紙を入れた「座布団」を置いて観戦。
 いきなり佐原が裏を取られ、ジウシーニョが権田と一対一となるも、アゴに当たって枠には行かず。東京は低い位置でパスを回すも、前に当てては奪われるという展開。浅利や羽生のところから奪われるカウンターにはひやひや。磐田は前半にあと2回ほど決定機があったが、権田が好セーブで防ぐ。バックスタンドから見ていたこともあるが、長友(左)からの攻撃が少なかったような感がある。
 後半は東京のペースとなってくるが決定機はなく、逆に長友が太田にちぎられるようなシーンもあった。まずは大竹を石川に交代する。大竹は守備も含めて奮闘していたけれど、あまり攻撃には貢献できなかったかもしれない。そしてカボレを鈴木達也に。これで赤嶺のワントップ気味となったのか、鈴木達也はサイドに入って守備もよくしていた。そして、左サイドの彼から出たボールを赤嶺がトラップすると、魔法のようにGKと一対一に。赤嶺はこれを冷静に決める。赤嶺は「GKを見る余裕もあった」と発言しているが、見ているほうからしても、確かに若干の「間」があり、決めればすごいなと思っていたら、ボールがゆっくりとネットに吸い込まれるような感じがした。思い出したのは、89分間消えていて、最後においしいところを持っていくロマーリオ。それがFWの特権ではあるけれど、やはりこの日のMVPは権田だと思う。
 さてさて、その後、まだまだ残りは長いなと思いながらも、時間を使いつつ、梶山のキープ、石川の強烈なミドルや、長友のイエローカード等のできごとを経て、そのまま逃げ切る。
 さて、次はいよいよホームで鹿島。ここは勝ちたいが、全ての点でこれまで以上の内容とならない限り、難しいだろう。ところで、相手のブーイング対象は、CBなのに途中交代させられているが、出てくるのだろうかね?
 後で知ったのだが、この試合はBS中継なのだった。勝ち点3を現場で見られたので、結果オーライである。そして、磐田駅行きバス(浜松行きでもよかったけれど)から浜松へ戻ったら、「終電」までにはそれなりの余裕が。でも一泊。浜松駅南口方面はさびれているが、4,000円クラスのホテルがたくさんあり、少なくとも私が泊まったホテルの部屋は特に問題もなかったので、ご参考まで。
 翌朝、浜松駅でトーチューを買ったら(中スポもある)前田さんの解説がなく、東京の東スポにはない(既報?)、「アマラオ氏、刈谷のコーチに」という感じの記事が。そういえば前日の静岡新聞では「カレ、赤嶺等に注意」という趣旨の記事も。

|

« 代表論 | Main | 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44575001

Listed below are links to weblogs that reference 磐田 0-1 東京 BS知らずに現地へ(4月4日):

« 代表論 | Main | 指紋が認識されなくなり、プレゼンがダウン寸前に »