« 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 | Main | 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 »

March 29, 2009

Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた

 セキュリティ関係で支給されたのだが、これまでのフラッシュメモリと違い、使い方が分からず。こういう機器は、審判と同様、自己主張が強くないものほどいいのだと思う。アイコンや表現の意味もほとんど理解不能。アイコンに英語で表示される"decrypt","encrypt"を辞書で引かないと分からないのも問題かもしれないけれど、別世界(日本語なんだけどね)で暮らしている私がいけないんだろうか? はっきり言って、お付き合いするには時間がもったいないし、泣けてくる。もちろんセキュリティは重要なのだが、それで本業が止まる様だと、プロとしては始末書覚悟でやらなければならないからである。
 ところで、指紋認証に数十回もかかる私は、「泥棒向き」なんだろうか?
 いやあ、別世界のことは分かりませんです。(これでもかなり言葉を選んだつもり)

|

« 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 | Main | 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44498755

Listed below are links to weblogs that reference Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた:

« 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 | Main | 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 »