« 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 | Main | 磐田 0-1 東京 BS知らずに現地へ(4月4日) »

March 30, 2009

代表論

 珍しく、日本代表の話でも。
 日本がバーレーンに勝ったこと以上に、ウズベキスタンがカタールに勝ってくれたことのほうが大きかった。仮に逆だったらカタールは勝ち点7となり、2位以内への大きな希望をつないでいたはずだ(参考)。
 仮に日本が引き分けだったとしても、バーレーンとは9:5だったので、この試合は本音は負けないことが大事だったはず。もっとも、この段階ではカタールの試合結果が分からないので、勝てば御の字だったが、負けることだけは絶対に許されなかったのである。
 3試合を残して、3位争い3チームと勝ち点7差(2.5ゲーム差という感じ)は理想的。もっとも、オーストラリアは1試合少ないので実質2位みたいなものだし、何が起こるのかが分からないのがワールドカップ予選だということもある。でも、そろそろ考えるべきは、出場だけでなく、次のこと、2010年を見据えたチーム作りではないかと思うのである。岡田監督は、数年前のマリノスでの功績を考えると、やれるのではないかと思うのだが…
 ところで、前にも書いたかもしれないが、遠き埼玉の地で青いユニホーム着ている代表の選手が赤い敵と試合をすると、アウェイのような気分になるのではないか? あんな田舎で、アウェイ気分で代表の試合をやるのはやめたほうがいいと思う。まだ横酷のほうがましでは?

|

« 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 | Main | 磐田 0-1 東京 BS知らずに現地へ(4月4日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44516168

Listed below are links to weblogs that reference 代表論:

» オーストラリア ワールドカップへ [MURAの日々日記]
南アフリカワールドカップ予選が世界各地で行われています。 日本が所属するアジア最終予算A組ではオーストラリアがウズベキスタンに2-0で快勝し、勝ち点を13まで積み上げ、ほぼ間違いなくワールドカップ出場権を獲得した状況です。 日本も勝ち点11で、残り3試合..... [Read More]

Tracked on April 02, 2009 at 10:57 AM

« 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利 | Main | 磐田 0-1 東京 BS知らずに現地へ(4月4日) »