« 東京 1-0 山形 一息 (3月21日) | Main | Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた »

March 28, 2009

柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症

 キックオフとほぼ同時にスタジアムに着いた。はじめは柏の鬼プレスにたじたじ。何とか切り抜け、平山のキープ等で少し持ち直したなと感じた直後に失点。左がやられている感じがしていたが、失点は右サイドを突破され、クロスに合わされたもの。GKはノーチャンス。
 更に自陣からのボールを奪われて、徳永が大津を倒してFK。これをポポに見事に決められる。おそらく東京の練習では、あんなキックを蹴る人はいないのであろう。この後、徳永と藤山がサイドを交代。ポポはコーナーを直接狙うなど、権田は舐められた印象。
 ただ、バックパスを受けたGK南からボールを奪ったカボレが、冷静に決めて1点差にしたので、希望が見えてきた。
 ところが、後半開始直後に藤山がPKを取られ、3-1となる。誤審説もあるが、これは痛かった。羽生を鈴木、前半に負傷した平山を赤嶺、石川を大竹に交代するも、柏DF陣が中を固めたためか、チャンスは作るが最後のところがうまくいかず、そのまま終了。柏はフランサも李も栗澤も使わずに勝ってしまった。
 この日は梶山依存症の如く、DF陣はプレスが効いていても無責任に梶山にボールを預け、梶山からのトリッキーな(苦し紛れともいう)ボールを、低い位置で奪われることが多かった。ピッチの問題もあったのかもしれないが、この点は大いに改善が必要で、たまには大きく蹴って前で競ることも必要なのかもしれない。
 しかし、東京は昔と違って選手層が厚く、多少の怪我人が出ても能力ある選手が残っている。あとはチームとして戦えるかどうかなのだが、現在はプレシーズンのままやっているような感じだ。吉本や平松だって、十分に戦力だと思うのだが、全体的な好転のきっかけが欲しいところ。

|

« 東京 1-0 山形 一息 (3月21日) | Main | Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44489133

Listed below are links to weblogs that reference 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症:

« 東京 1-0 山形 一息 (3月21日) | Main | Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた »