« Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた | Main | 代表論 »

March 29, 2009

東京 1-0 神戸 次につながらない勝利

 いろいろとストレスがあり、心に余裕がない状態。ここで負けると大変だと思いつつ、深呼吸しながらスタジアムへ。
 そうそう、柏のスタジアム前の交差点は、信号が赤でも歩行者優先の適切な誘導をするが、飛田給駅からスタジアムまでは、まるで車両専用道路に歩行者が侵入してきたかのような応対で、全く不愉快である。何で人にばかり笛を吹くのかよく分からない。これだけ人がいるのだから、「あの時間帯に車で行ったら大渋滞だから避けよう。」と思わせるぐらいの誘導が必要だ。「旧甲州を封鎖せよ!」と言いたいところである。このあたりも東京が、柏に勝てない一因なのである。柏は警官でこっちは違うからなのかもしれない。
 さて、試合前の話を総合すると、若手中心で行くとのことで、これは「殿、ご乱心」ではないかと思っていた。メンバー発表を見て驚いたのは今野がCBでスタメンということと、茂庭のベンチ外。これは想定外だった。柏戦の最初の失点は右サイドを破られたことが最大の原因だか、中での茂庭のマークや、失点後の態度を怒ったためなのかもしれない。でも、仮に負けた場合、勝ったとしても今後のことを考えるとどうなのかと、暗澹たる気持ちでスタジアムへ。
 試合は中盤を完全に支配されるも、最終ラインが安定。大きなピンチはない。ときどきチャンスもあるが、カボレがシミュレーションを取られる等して前半は無得点。村上主審は西野監督を怒らせた審判だが、もともと選手にはそんな先入観がないのに、自分がヘボだと思われていることを認識しているかのように、威圧的に対応して、選手の反感を買っているような印象があった。これは私の「創作」でしょうか? 
 そして後半、「猿の惑星」を思い出させる風貌で出てきた「ノリオ劇場」。彼にボールが行く毎に大ブーイング。そのせいかどうかは別として、流れが東京にやってきた。スローインからのボールをカボレがキープして大竹が決めた。大竹は前半消え気味だっただけに、千金の一撃であった。
 その後、追加点のチャンスがあるも、鈴木達也(いい選手です)のシュートミス等で逸し、ピンチは少ないとはいえハラハラしながら試合終了。ノリオのフリーキックは不発ながらも、「数打ちゃ当たる」リスクもあるかもしれないもんね。佐原が放り込みを跳ね返し、今野のCBも効いていた。徳永も非常によかったと思う。
 と、勝ち点3は手にし、椋原は活躍したが、その他は次につながらない勝利ともいえる。今野を今後もCBで使うのか、ボランチを誰にするのか、前目のスタメン・交代は大竹・梶山・石川・鈴木達也・羽生のうち誰なのか、課題は残されたままだからである。

|

« Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた | Main | 代表論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44502346

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 神戸 次につながらない勝利:

« Princeton Xiao CLEF2 にストレスを感じた | Main | 代表論 »