« 頑張りましょう | Main | 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 »

March 22, 2009

東京 1-0 山形 一息 (3月21日)

 10年ぶりの山形戦。予想通り、引いた相手にボールを支配するが、シュートがなかなか決まらない展開。特にコーナーキックのチャンスが何本蹴っても決まらない。相手のカウンターへは備えているが、ピンチをチーム組織としてというより、石川のすばらしい戻りで切り抜けたり、今野がコーナーに逃れたり、権田の好セーブといった「個人技」で防いでいく。そのまま、もやもやとしたまま前半を終了。ただ、狭いところでボールをまわし、そうなると相手の前からのプレスが効いてきて、今野あたりが弱いパスをカットされるようなシーンもあるし、攻撃に出たときも、最後のところのアイデアに乏しかった。
 そして、後半開始直後、羽生がボールを失って転倒し、その後ペナルティエリア内で相手と交錯したかに見えたが笛が鳴らなかったり、茂庭も一度だけピンチを招いたが、何とかしのいだりという危険なシーンが二度ほど。そんな中、石川からボールが出て、長友が左サイドを突破し、カボレへ。シュートを打てるようなボールではなかったので、カボレはキープして上がって来た羽生へ。羽生は左足で落ち着いて左上隅に決めた。
 その後、鈴木・近藤を石川・カボレと代えてエネルギーを補給する。鈴木は頭を使ったプレーで貢献し、相手を脅かす。近藤は焦ったプレーもあったが、追加点の予感を作り出す。ただ、2点目が取れない中、時間が残っている状況で、最後のカードは新人の米本だった。羽生と交代だったが、普通なら金沢というのが妥当なところ、一つの「ギャンブル」といってもいいような交代。ただ、米本は中盤のスペースを埋める役割をこなして無難にプレーできたと思う。それなりのピンチもあったが、大ピンチまでは至らず、梶山の超人的なキープ等で逃げ切りに成功。
 まだまだだし、次は今野・長友を代表で欠く中でのナビスコ。今日のメンバー以外に藤山・浅利(ケガ?)・ブルーノクアドロス・平松・椋原・中村北斗(ケガ?)から2人が選ばれるではないかと思うが、かなり贅沢だ。さて、左サイドバックのスタメンは金沢か、それとも? 今野のところも金沢・ブルーノ・米本・浅利という選択肢がありそうだ。
 この日、少しミスもあったが梶山と平山に安定感があった。ただ、曲芸的なプレーはもっとゴール近くでやって欲しいと思うことがある。今年はプレシーズンを全く見ていないこともあって、昨日が開幕のような気分だ。それではいけないのだろうけれど、ここで一息ついて、ナビスコへ入るということもある。
 

|

« 頑張りましょう | Main | 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/44426261

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 山形 一息 (3月21日):

« 頑張りましょう | Main | 柏 3-1 東京 ほぼ完敗、梶山依存症 »