« January 2009 | Main | March 2009 »

February 26, 2009

Tower of Power / Great American Soulbook

 最近買ったものその1。タワー・オブ・パワーのアメリカン・ソウル・ブック。ナツメロカバーものだが、このバンド名を知っている人なら、とりあえず買って損はないと思う。私が聞いていると、日本の70年代フォークを聞いているときと同様、退行現象でダメな人になりそうな気もする。まあ、ロッコ&ガリバルディのリズム隊も元気で、ゲストも溶け込んでいる。売れてない時期のも結構買っていた中で、再浮上の雰囲気がするけれど、次は難しいかもね。ジェームズ・ブラウンに捧ぐメドレーとか、Me & Mrs. Jones なんて、本当にいい感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

松村直幹『知的財産物語 枝豆戦争』(昇友)

 本書、「知財ドキュメンタリー」といえるのだろうか? 相手方の役員や代理人弁護士・弁理士まで全て実名で、確かに面白いが、特許・商標法の認識等については間違いも山盛り。ちなみにここの書評は褒めすぎ。また、もう少し上手にやれば、訴訟にならずに、安価でもっといい解決ができた事件もあると思う。この業界が危ないのかもしれないが、正直なところ、少なくともこの人の部下にはなりたくないものである。なお、この書籍、自費出版らしく、簡単には手に入らないらしい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 21, 2009

おい、鹿島! J2で待ってんかんな!

サポティスタ
~引用~
 
今年の注目は、W杯最終予選ではなく、栃木SCだ!(略)
 栃木SCがJ2に加入したことで、「今年は徹底的に茨城を潰すチャンスが来た」と息巻く彼らは、今季の最大の敵に茨城の水戸ホーリーホックを指名。また、Jリーグ王者の鹿島に対して「おい、鹿島! J2で待ってんかんな!」と挑戦状を叩きつける。

~引用終わり~

 隣県茨城を罵倒するこのコンビ、昨年末からテレビによく出てくるようになってきた。個人的には、栃木の知り合いそっくりの喋りなので ツボにはまっていたが、これは強烈、素晴らしい。このネタで一般人を爆笑させるということが、感動モノ。そのうち、県知事に立候補してよ! 「北関東ダービー」とやらも、一度行ってみたいような気がしてきたが、ちょっと足がねえ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2009

日本 0-0 オーストラリア まあ、こんなものでは?

 オーストラリアにサッカーをさせず、GKの不安を感じさせないぐらいだったが、勝つことはできなかった。全チームが4試合終わって2位だけれど、3位との勝ち点差が4。残念ながらバーレーンがウズベキスタンに勝ったので、カタール・バーレーンが勝ち点4で続いて来ているが、この両者に負けなければワールドカップ出場の可能性は高そうだ。実は代表の試合を見るのは、テレビも含めて久しぶりなのだが、今日は俊輔が全く消えていたね。
 ただ、現状では、どうやったらこのチームが強くなるのかよく分からない。このままだと、おそらくそれほど「しびれる」ことなく、出場を決めるのではないか(楽観しすぎ?)。そうなると、予選を通したチーム力の向上には期待薄。日本の弱点だったCBについては、中沢とトゥーリオで解決しつつあるが、やはり問題はFW。でも、「負けたら解任」とかいうのもとんでもないことで、何のかんの言っても、マリノスを優勝させた岡田監督が、それなりの監督であり、代わりが簡単に見つからないということは否定できないと思う。
 北朝鮮がサウジに勝ち、イランが韓国に追いつかれた。頑張れ、イラン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2009

携帯ラジオ

 確か6年使っていたSONYのICF-RV(PDF)のイヤホンがへたれたので、買い換えた。今度はアナログの選局ではないやつ、Panasonic TV/FM/AM2バンド通勤巻き取りラジオ RF-ND180R-S というのに。前のはAM,FM,TV(4~12も)の3バンドだったのだが、今度はAMとFMの2バンド。3バンドのを買おうと思っていたのだが、「地上アナログテレビ放送は2011年7月までに終了します。放送終了後はテレビの音声を聞くことができません。」とあるのを見て、2バンドに。地デジの影響がここまであるとは思っていなかった、恐るべし。ということもあって、週に5回は使うのだが、意地でもあと2年半は持たせたいところ。
 今度買い換えるときは、携帯電話かi-Podとの複合機なのか、もっととんでもないものなのか、意外と変わらないのか、私はかなりアナログな人間であるが、自分のことながら、どうなるだろうね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2009

地域団体商標(地域ブランド)

 サラリーマン的には出願のチャンスもないから、正直言ってあまり「地域団体商標」に興味はないのだが、審査も一段落して、審判行きのものの審決が2件出ているのに、あれだけ「地域ブランド」といって取上げていたどのメディアも、これらを取上げてないのは、あまりにも審判官が不憫でならない。そりゃあ、判決ではなくて行政処分の決定だからかもしれないけれど…

 2007-25090
 商標「京生菓子」が「京都産の生菓子」について、広く知られた地域ブランドとはいえないとして、登録を拒絶した査定を支持した事例(08/12/26発行の審決公報)。

 2008-101
 商標「十六島紫菜」が、「島根県出雲市十六島地区産の干しのり」及び「島根県出雲市十六島地区産ののり」について、広く知られた地域ブランドとはいえないとして登録を拒絶した査定を取消し、登録すべきものと判断した事例(09/01/30発行の審決公報)。

 まあ、何を主張するのも自由だけれど、その裏づけ(証拠)を出せるかどうかが全てと言っていいだろう。(他にも審決が1,2件出ているかもしれません)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2009

別府大分マラソン

 個人的には、東京がJ2時代に見に行った、あの懐かしい大分市陸がゴール地点なので、ついテレビをつけてしまう。
 優勝者はモロッコ人アンナニで、「日本語→英語→アラビア語モロッコ方言(?)」というインタビュー。何とかならんのかね。ということもあるが、日本語で尋ねる人はそれなりに工夫していたとは思うけれど、訳し易い日本語で喋ること、微妙なニュアンスを聞いても無理だと認識することも必要なのだろう。まあ、皆さん、第二外国語、頑張りましょう。そういえば、「二度翻訳」というのは、「ほとんど理解不能」といえそうだけれど、Jリーグのどっかの誰かがそうだったと聞いたことがあるよね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »