« ボトルホルダー | Main | やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね »

January 25, 2009

がんばれヴェルディ

 以下、99年2月27日、J2初年度開幕前のV川崎vsFC東京の練習試合の記録。ウェブからはとっくに削除してしまったが、懐かしいので取上げた。ここで東京サポーターの誰かが「合併なんかしてやんね~よ」とか言っているのだった。いやあ、ヘタすりゃ現実ともならない状況。アウェイだと緑のユニホームとかになったらやってられない。
 ということで、10年前の記述をそのまま出した。読んでいて実に恥ずかしいのだが、その後ヴェルディは東京にホーム移転をしたものの観客は増えず、2度もJ2に落ちているという現実の根っこが、この試合の状況にも現れているのではないかとも思う。ちなみに、東京のオフィシャルサイトにもこの試合の記録はなく、何かが残っているのはここぐらいなのではないかと思う。あれから10年。ヴェルディを応援していた子供たちも大きくなったはずだ。今でも応援しているのだろうか?

****************************************************
Feb.28 99

V川崎vsFC東京(観戦記ではありません)

 昨日は多摩市の陸上競技場でプレシーズンマッチ(練習試合?)「V川崎vsFC東京」を見た。関心があったのは今のヴェルディのサポーターってどんな人なのかということだった。結局、子供のファンがいるということ以外分からなかった。カズ・ラモス・柱谷が去り、外国人も総入れ替えということで、特定の選手のファンは減少しているだろう。地域でも今一つである。ただし、川崎市というのは縦に長く、読売ランドがあるほうも川崎市であって、多摩市・稲城市も含めたエリアにはファンがいるようだ。しかし、読売ランドからホームスタジアムのある武蔵小杉又は武蔵中原駅までは、南武線というローカル線に近いやつに乗り換えて、全部で駅10個ぐらい離れているので、結構不便である。これらの駅の近辺は富士通の町、従って駅前のポスターももう一つの川崎のチームのもののほうが多い。読売新聞・日本テレビ関係の人が何千人もスタジアムに足を運ぶことはあり得ないし… 本当は、前社長に見離され、地域ともしっくりいかず、ビッグネームもいなくなったチームを必死で応援する健気なサポーターを見たかったのだが…

 試合が始まり、いきなり東京サポが「ヴェルディ・ヴェルディ・くそったれ~」と挑発。子供たちが「FCトーキョー・くそったれ~」と応戦。…ということは都民ではないのだろうか? 地元民だったらこう言っておこう。「別に多摩市ぐらい神奈川にくれてやる。」あっ、敵を何万人も作ってしまう。撤回します。とはいえ、この子供の声には、東京サポも笑いと拍手で返す。東京サポは今日はまだ「開幕前」だった。

 最初は東京のペースだったが、ヴェルディにコーナーキックが続けて4本ほどあり、こぼれ玉を栗原が押し込んで先制。その後もしばらくヴェルディのペースが続くが、東京もバックラインの裏に出た縦パスに新加入の鏑木が追いつき、キーパー菊池がファウルを取られPK。新加入の佐藤由紀彦が決めて同点。しばらくして前半が終了。

 後半が始まる前にヴェルディの坂田社長の姿が見えると、東京サポが「アホのサカタ」の唄で切り出す。怒ったヴェルディサポが「くたばれJ2」と言う。これには東京サポの一部が「おまえら、しめたる」「合併なんかしてやんね~よ」と応戦(ここで、「来年J2」と返すほうが東京的?)。しかし、J2というのはヴェルディサポにとっては「草並み」であり、「サポートするチームのJ2落ちは自己が否定されること」に等しいのかもしれない。従って、落ちればサポートしないということになるのだろうか? でも、ずっと長く応援していたら、ビッグクラブでなければ時にはあり得るよなぁ。そりゃ、落ちないほうがいいけれども、落ちれば上がれるチャンスもあるという別の魅力があることも事実だし… ヴェルディがミニラ中村を投入すると、「ゴジラ」というヤジが飛び、笑いが漏れる。

 後半も時間が進み、ヴェルディが結構本気になってきた。やはりJ1だけあってフィジカル(1対1)はヴェルディが強いが、無理をしてイエローを貰っている。特にボランチの林は効いていたとは思うが、イライラもしているようだった。その点では東京の浅利は、ファウルせずにボールを奪って展開し、なかなかエレガントであった。ヴェルディはGK菊池がミスを連発し、東京サポから味方向けのような「キクチ」コールが起こる。彼の顔にニガ笑いが一瞬見えた。…とまあ、J2的(というと9チームのサポーターから、「あいつらと一緒にされたくない!」と言われるだろう。)、いや、東京的サポートにヴェルディサポも面食らったようだ。まだ、「開幕前」で抑えていたけれども、「初対面」には刺激が強過ぎたかもしれない。「何じゃ、あいつら!?」という感じかも。試合は1-1の引き分けで終わり、ヴェルディの選手用のバスが競技場の中に入ってきた。子供たちが回りを取り囲む。若いお姉ちゃんは意外と少ない。

 ところで、今日のスポーツ新聞の論調には、一部「ヴェルディはシュート数も増え、順調な仕上がり」というものもあったが、J1は来週スタート(J2は再来週)なのに、本当かな? 「J2優勝候補に引き分けたから、まあいっか」といえるほど昨日の東京もよくなかったし…

|

« ボトルホルダー | Main | やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/43856412

Listed below are links to weblogs that reference がんばれヴェルディ:

« ボトルホルダー | Main | やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね »